×
562
求人
keyboard_arrow_left
keyboard_arrow_right

「ボッテガ・ヴェネタ」セリーヌ出身の新クリエイティブディレクター ダニエル・リーによる初のコレクションを公開

By
fashionsnap
掲載日
today 2018/12/14
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

 「ボッテガ・ヴェネタ(Bottega Veneta)」が、今年7月に就任した新クリエイティブディレクターのダニエル・リー(Daniel Lee)が初めて手掛けた2019年プレフォールコレクションのルックを公開した。販売開始時期は5月を予定している。

2019年プレフォールコレクションImage: ボッテガ・ヴェネタ


 同コレクションでは、メンズとウィメンズのレディ・トゥ・ウェアをはじめ、レザーアイテムやアクセサリーを展開。レディ・トゥ・ウェアは無造作で自然な気楽さをコンセプトに掲げ、ゆったりとしたシルエットにリラックス感のあるフォーマルさを落とし込んだ。スレンダーなラインでテーラリングされたコートや、ドレーピングが施されたスカーフドレスなど、透け感のある素材やカッティングを用いたアイテムを製作。レザーアイテムは新作のボックスクラッチやトップハンドルトート、メンズのクラシックシューズ、ウィメンズのサンダル、スクエアトゥのパンプスなどを幅広く展開する。アクセサリーはミニマルで建築的なデザインが特徴で、ハンマーで打ったようなボールやチェーンが付いたゴールドとシルバーのジュエリーが並ぶ。
 
 また、レディ・トゥ・ウェアとアクセサリーには、ブランドの象徴的な要素であるノット(結び目)や、マクロサイズの「イントレチャート」が随所にあしらわれている。素材はカシミヤやシルク、ウール、コットン、シアリング、数種類のレザーを採用。カラートーンはコードバン、エスプレッソ、アンバーなどをラインナップする。

 

Copyright © 2019 Fashionsnap. All rights reserved.

こちらもどうぞ