×
587
求人
keyboard_arrow_left
keyboard_arrow_right

「ポメラート」の新CEOが決定

掲載日
today 2015/12/11
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

 2015年4月にケリング(Kering)グループに参画したサビーナ・ベッリ(Sabina Belli)氏が、予定通り「ポメラート(Pomellato)」のCEOに就任する。同社は他にも、ドド(Dodo)」ブランドを所有。
 
 同氏は、ジュエリー、ワイン・スピリット、化粧品といったラグジュアリー分野で豊富な経験を持つ。1967年創業の「ポメラート」は、2013年にケリングが買収した。今はブランドとして過渡期にある。

Sabina Belli


 サビーナ・ベッリ氏は、2012年からはLVMHで「ブルガリ(Bulgari)」のエグゼクティブ・バイスプレジデントとして腕振るっていた。1991年に「ロレアル リュクス(L’Oréal Luxe)」の宣伝部門でキャリアをスタートさせ、1996年からはLVMHグループに参画、「パルファン・クリスチャン・ディオール(Parfums Christian Dior)」や「モエ・ヘネシー(Moët Hennessy)」、「ヴーヴ・クリコ  ポンサルダン(Veuve Clicquot Ponsardin)」で重要な役職を経験した後、「ブルガリ」に異動した。
 
 ケリング側は、「サビーナ・ベッリはラグジュアリー業界を熟知しており、グローバルなハイエンド商品企画に関するエキスパートだ」とコメントしている。

 彼女の就任で、グループは「ポメラート」を完全に傘下に収めることになる。現職のアンドレア・モランテ(Andrea Morante)は今年一杯で退任。
 
 

不許複製・禁無断転載
© 2019 FashionNetwork.com