×
552
求人
コンデナスト・ジャパン
Digital ad Operation&Programmatic ad Staff
正社員 · 東京
KERING
Assistant Warehouse Manager
正社員 · 東京
BAYCREW'S GROUP
【Food/Laduree】法人営業
正社員 · 東京
LACOSTE JAPAN
Finance & Operation部/Logistics Specialist
正社員 · 東京
LACOSTE JAPAN
E-Commerce Director
正社員 · 東京
ヴァンドーム青山
財務経理(マネージャー候補)募集
正社員 · 東京
FENDI
Retail Training Assistant Manager
正社員 · 東京
AESOP
Retail Operation Coordinator
正社員 · 東京
L'OREAL GROUP
Japan Product Manager (Luxe, HR)
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Product Manager (Luxe, Ysl)
正社員 · Tokyo
コンデナスト・ジャパン
Vogue Digital Advertising
正社員 · 東京都
コンデナスト・ジャパン
Corporate Branding Manager (or Senior Manager)
正社員 · 東京都
FENDI
Supply Chain & Logistics Director
正社員 · 東京都
バーバリー・ジャパン株式会社
Customer Fulfillment Assistant Manager 募集
正社員 · 東京
FENDI
Digital Marketing Manager
正社員 · 東京
SHIPS
商品ロジスティック部門 物流担当スタッフ
正社員 · 東京
ヴァンドーム青山
リーフレット・ノベルティ・パッケージ等販促物の企画制作(正社員)
正社員 · 東京都
TRIUMPH
Senior Digital Marketing Manager
正社員 · 東京都
TRIUMPH
Head of E-Commerce & CRM Japan
正社員 · 東京都
TRIUMPH
Sales Representative
正社員 · 東京都
TRIUMPH
Senior Brand Merchandising Manager
正社員 · 東京都
TRIUMPH
Merchandising Specialist
正社員 · 東京都

「マイケル・コース」が毛皮使用を廃止 傘下の「ジミー・チュウ」も

by
掲載日
today 2017/12/18
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

 マイケル・コース(Michael Kors)が、リアルファーの使用を廃止することを発表した。2018年12月末から、「ジミー・チュウ(Jimmy Choo)」を含めた傘下のブランドすべての商品に適用する。

Ashley Graham in a fur piece in the Michael Kors fall 2018 runway show - DR


 「『マイケル・コース』および『ジミー・チュウ』ブランドのコレクションに関して、今後は動物由来の毛皮を一切使用しないことを発表します」とジョン・D・アイドル(John D Idol)会長兼CEO。「我々は革新的な素材の開発を続けており、今回の決定はその新しいページを開くものです」。
 
 他にも、「グッチ(Gucci)」、「ザラ(Zara)」、「H&M」、「アルマーニ(Armani)」、「トップショップ(Topshop)」、 「スコッチ&ソーダ(Scotch & Soda)」といったブランドが、毛皮製品不買を認証するファーフリー・リテーラー・プログラム(Fur Free Retailer program)に参加している。11月には、VFコーポレーション(VF Corporation)傘下の「ティンバーランド(Timberland)」、「ザ・ノース・フェイス(The North Face)」、「ナパピジリ(Napapijri)」も加わった。

 また、「ラルフ・ローレン(Ralph Lauren)」や「カルバン・クライン(Calvin Klein)」、「トミー・ヒルフィガー(Tommy Hilfiger)」のほか、英百貨店「セルフリッジ(Selfridges)」、高級EC企業ユークス・ネッタポルテ(Yoox-Net-a-Porter)なども、リアルファーの取扱い廃止を明言している。
 
 半年前、マイケル・コースがメトロポリタン美術館のイベントに登場した際には、20名の毛皮反対活動家がスピーチを妨害する事案も発生した。
 
 「生産技術が進化したことで、フェイクファーを使ってラグジュアリーな商品を作れるようになった」とマイケル・コース。「2月のショーでは、新しい技術をお見せできると思う」と話す。
 
 

不許複製・禁無断転載
© 2020 FashionNetwork.com