×

「マイケル・コース」NYファッションウィーク参加辞退を表明、コレクションスケジュール変更に伴い

By
fashionsnap
掲載日
2020/06/17
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

 「マイケル・コース(Michael Kors)」がニューヨーク現地時間6月16日、ブランドのコレクションスケジュール改編に伴い、9月に開催予定のニューヨークファッションウィークへの参加辞退を表明した。

Michael Kors - Fall-Winter2020 - Womenswear - New York - © PixelFormula


 マイケル・コースでは今後、プレフォールやリゾートコレクションなどを廃止し、コレクションの発表を春夏と秋冬の年2回のみ行う。商品は実際の季節や天候に適した時期に店頭に展開していくという。コレクションスケジュールの変更は、マイケル・コース(Michael Kors)自身の「現在のファッションカレンダーは変えるべき」という意向によるもので、同氏はドリス・ヴァン・ノッテン(Dries Van Noten)らによるコレクションの店頭販売期間とセール期間を後ろ倒しにする提案に賛同している。スケジュールを後ろ倒しにすることで、余剰在庫やサプライチェーンの無駄を無くし、よりサステナブルなシステムへと移行させるという。マイケル・コースの2021年春夏コレクションは10月中旬から11月中旬頃に発表する予定。現時点で発表形式は未定だという。

Copyright © 2020 Fashionsnap. All rights reserved.