×

「マメ」初の直営店オープン、築40年のアパートをリノベした茶室風のショップに

By
fashionsnap
掲載日
2020/02/18
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

 創立10周年を迎える「マメ(Mame Kurogouchi)」が、ブランド初の直営店「Mame Kurogouchi Hanegi」を世田谷区羽根木エリアに出店する。オープン日は3月6日。

Mame Kurogouchiのインスタグラムより


 新店舗は、新代田駅近くの世田谷区代田4丁目に位置する築40年の木造アパートの1階部分に展開し、店舗面積は約17平方メートル。店舗デザインは、インテリアの設計やプロダクトデザインを手掛けるクリエイターの柳原照弘が担当した。木造建築の構造を残しながら、コンクリートを組み合わせてリノベーションし、小規模な店内を活かした茶室のような空間に仕上げたという。営業日は金曜日と土曜日のみで、毎週商品が入れ替わる。
 
 マメは、文化服装学院を卒業し、三宅デザイン事務所で経験を積んだ黒河内真衣子が2010年に立ち上げた。2014年には毎日ファッション大賞新人賞・資生堂奨励賞を受賞。2017年にはファッションプライズ「Fashion Prize of Tokyo」の第1回受賞デザイナーに選ばれ、副賞として2018年2月にパリファッションウィークの公式スケジュール内で2018-19年秋冬シーズンのコレクションをプレゼンテーションで発表した。パリコレ参加3シーズン目には、公式スケジュールのトップバッターに抜擢されるなど国内外で着実に成長を遂げている。黒河内はこのほか、「トッズ(Tod's)」のプロジェクト「トッズ ファクトリー(Tod's Factory)」の第3弾デザイナーとして参加することが決まっており、カプセルコレクションを3月に発売する予定だ。

 

Copyright © 2020 Fashionsnap. All rights reserved.