×

「マルベリー」クリエイティブディレクターのジョニー・コカが3月末で退任

By
fashionsnap
掲載日
2020/03/17
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

 英ラグジュアリーブランド「マルベリー(Mulberry)」のクリエイティブディレクター ジョニー・コカ(Johnny Coca)が3月末をもって退任する。在職期間は約5年で2021年スプリングコレクションが同氏の手掛ける最後のシーズンとなる。後任は未定。

昨年東京で行われたイベントで来日したジョニー・コカ - Image: Fashionsnap.com


 コカはスペイン・セビリア生まれ。パリで建築やデザインを学んだ後、「ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)」などのラグジュアリーブランドで経験を積み、前職となる「セリーヌ(Celine)」ではフィービー・ファイロ(Phoebe Philo)の指揮下でレザーグッズやシューズ、アクセサリーなどのヘッドデザインディレクターを務めた。
 
 マルベリーのクリエイティブディレクターには20157月に就任。独自の視点でブランドの英国らしさを解釈し、ブランドのシグネチャーである楕円形のポストマンズロックからインスパイアされたライダーズロックをあしらった「アンバリー」や「ハムステッド」、「アイリス」や「キーリー」といったアイコンバッグを生み出した。また、2016年秋冬シーズンからオンワードラグジュアリーグループとのライセンス契約の下、アパレルやフットウェア、アイウェア、メンズ分野にも着手し、リブランディングに貢献。韓国や日本をはじめグローバルでイベントを開催するなど、プロモーションにも積極的に参加した。
 
 マルベリーCEOのティエリー・アンデレッタ(Thierry Andretta)は「ジョニーのクリエイティブヴィジョンはマルベリーをインターナショナルなラグジュアリーライフスタイルブランドへと成長させるための重要な要素でした。マルベリーのチームを代表して、ジョニーの今後の活躍を願ってやみません」とコメントしている。
 
 ブランドは1971年にイギリスのサマセット州で創業者のロジャー・ソールによって設立。来年創立50周年を迎える。

 

Copyright © 2020 Fashionsnap. All rights reserved.