×
471
求人
BARNEYS NEW YORK
【正】総務スタッフ:本社
正社員 · 東京
コンデナスト・ジャパン
Digital ad Operation Specialist
正社員 · 東京
AESOP
Retail Training & Performance Manager
正社員 · 東京
株式会社サザビーリーグ
販売促進担当(セールスプロモーション担当)Artida Oud(アルティーダ ウード) 
正社員 · 東京
L’ORÉAL GROUP
Japan Group/Senior Product Manager (Ppd, l'Oreal Professionnel)
正社員 · Tokyo
L’ORÉAL GROUP
Japan CRM Operation Specialist (Luxe, Digital)
正社員 · Tokyo
L’ORÉAL GROUP
Japan Brand E-Business Shop-iN-Shop Project Manager(Luxe, Digital)
正社員 · Tokyo
BAYCREW'S GROUP
マーケティング担当(メール/Sns、自社、業界最大級のEcサイト)
正社員 · 東京
AESOP
Marketing Coordinator
正社員 · 東京
CHRISTIAN DIOR
Supply Chain Assistant Manager
正社員 · 東京
AESOP
Hrコーディネーター(採用中心)
正社員 · 東京
HUBLOT
PR&ad Manager
正社員 · 東京
LVMH WATCH & JEWELRY JAPAN
ロジスティクス プロダクツオペレーション リーダー
正社員 · 東京
ステラ マッカートニー
Logistics Assistant (Import/Export Coordinator)
正社員 · 東京
GUCCI
Financial Controller
正社員 · 東京
KERING
Kering Store Planning Project Coordinator
正社員 · 東京
ヴァンドーム青山
販促物企画・制作(正社員)
正社員 · 東京
(株)ユナイテッドアローズ
経理担当(①売上管理スタッフ ②経費管理スタッフ)
正社員 · 東京
FOREO
Finance Manager - Tokyo, Japan
正社員 · Tokyo
ADIDAS
Manager, Retail Analyst, Retail Back Office
正社員 · 東京
ADIDAS
Senior Manager Buying Adidas & License Goods, Buying, Direct to Consumer
正社員 · 東京
ADIDAS
District Manager Field Operations, Retail Operations, Direct to Consumer
正社員 · 東京都

「ミラノ・ウニカ」は9月か7月か、見本市にも日程前倒しの気配

掲載日
today 2016/09/07
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

 イタリア・ミラノで9月8日まで開催されているファッション素材見本市「ミラノ・ウニカ(Milano Unica)」が、来年の日程に揺れている。「今月末までに、重要な決定を下さなくてはならない。来年の日程について合意に至る必要がある」とエルコーレ・ボット・ポアラ(Ercole Botto Poala)会長は明かした。

「ミラノ・ウニカ」開幕の様子 - FashionNetwork (photo DM)

 
 秋冬コレクションの時期を、現在の9月から7月に前倒しするか否か、という議論がなされており、今月末までに正式な決定を下すことが必要だ。
 
 「9月に開催すれば、『ミュンヘン・ファブリック・スタート(Munich Fabric Start)』とほぼ同時期になり、ドイツからの集客が期待できなくなる。一方で、7月にはニューヨークで同じ見本市を開催するため、今度はアメリカからの来場者が見込めない。皆が納得する日程など存在しない。しかし、決定を下す勇気も必要だ」とポアラ会長。

 「『MUプレビュー(Prima MU)』のように、プレコレクション向けの展示会をもう一つ開く、といったやり方は企業側が望んでいない。やはり、9月か7月か、どちらかを選ばなければならない」と当紙に話した。
 
 また、ロロ・ピアーナ(Loro Piana)のピエール・ルイジ・ロロ・ピアーナ(Pier Luigi Loro Piana)CEOは、「主にアメリカの小売業者の影響もあって、多くのメゾンがコレクションの時期を前倒しし始めている。以前は、7月に買い付けのリサーチを行う層が20%、9月が80%だったが、今はそれが逆転している」と明かす。
 
 「例えば、我が社はこの7月に買い付けを終えた。9月の『ミラノ・ウニカ』には幾つかサンプルを手に入れるためだけに来ている」と話すのは、ヘルノ(Herno)代表取締役で、SMI会長も務めるクラウディオ・マレンツィ(Claudio Marenzi)氏だ。
 
 「MUプレビュー」に参加したある業者は、「7月には商談が本当に沢山あった。しかもほとんどが上客だ」ともコメントしていた。現状の9月より、7月に本展を前倒しすることを望む声も少なくないように思われる。
 

不許複製・禁無断転載
© 2019 FashionNetwork.com

こちらもどうぞ