「モスキーノ」、ジェレミー・スコットの友人をコミュニケーション担当に

 「モスキーノ(Moschino)」は、クリエイティブディレクターのジェレミー・スコット(Jeremy Scott)に近しい人物、パブロ・オレア(Pablo Olea)をコミュニケーション・対外広報ディレクターに起用したと発表した。

 2013年、2人同時に「モスキーノ」に入社したジェレミー・スコットとパブロ・オレアは20年来の付き合いになる古い友人で、スコットのブランド立ち上げ時からコミュニケーションに関して助言を行ってきた。

Pablo Olea & Jeremy Scott - Instagram

 パブロ・オレアは、メゾンを所有するアエッフェ(Aeffe)のアメリカ支社、アエッフェUSAのオフィスに勤務し、ニューヨークを拠点にするという。アエッフェグループは、「ジェレミー・スコット」ブランドのアパレルコレクションに関する生産・販売ライセンス契約も交わしている。

 

不許複製・禁無断転載
© 2019 FashionNetwork.com

ラグジュアリー - その他人事
新規登録