「モンクレール ジーニアス」19年秋冬のクリエイター陣発表、リチャード・クインやマシュー・ウィリアムズが新たに参加

 「モンクレール(Moncler)」のプロジェクト「モンクレール ジーニアス(Moncler Genius)」の2019年秋冬シーズンに迎えるクリエイター陣が発表された。デザイナーのシモーネ・ロシャ(Simone Rocha)や「フラグメント(Fragmentdesign)」の藤原ヒロシらに加えて、「1017 アリクス 9SM(1017 Alyx 9SM)」を手掛けるマシュー・ウィリアムズ、「H&Mデザインアワード2017」の優勝者リチャード・クイン(Richard Quinn)らが新たに参加する。

「モンクレール ジーニアス」2019年秋冬シーズンに参加するクリエイター

 モンクレール ジーニアスは、モンクレールのプロダクトをベースに、それぞれの個性を表現したコレクションを毎月リリースする形で展開するプロジェクトで、2018年に始動した。今回はロシャ、藤原、モンクレールのアートディレクターと「パーム・エンジェルス(Palm Angels)」のデザイナーを兼任するフランチェスコ・ラガッツィ(Francesco Ragazzi)、「モンクレール グルノーブル(Moncler Grenoble)」のサンドロ・マンドリーノ(Sandro Mandrino)、クレイグ・グリーン(Craig Green)が前回に引き続き参加。「ヴァレンティノ(Valentino)」のピエールパオロ・ ピッチヨーリ(Pierpaolo Piccioli)はスーパーモデルのリヤ・ケベデ(Liya Kebede)とタッグを組む。新規ではウィリアムズとクインのほか、「モンクレール 1952(Moncler 1952)」を手掛けるセルジオ・ザンボン(Sergio Zambon)とヴェロニカ・レオーニ(Veronica Leoni)、ドッグウェアブランド「ポルド ドッグ クチュール(Poldo Dog Couture)」が名を連ねる。
 
 モンクレール会長兼CEOのレモ・ルッフィーニ氏は、「モンクレール ジーニアスは時代の流れを汲んだクリエイティブマインドのシンポジウムであり、互いを刺激し合える場所」とコメント。詳細は2月20日にミラノで行うプレゼンテーションで発表し、24日には同所で「モンクレール ジーニアス ビルディング」を一般向けにオープンするという。
 

■「モンクレール ジーニアス」2019年秋冬シーズンの参加クリエイター(※★は初参加)
 
ピエールパオロ・ピッチョーリ(Pierpaolo Piccioli)& リヤ・ケベデ(Liya Kebede)
★セルジオ・ザンボン(Sergio Zambon)、ヴェロニカ・レオーニ(Veronica Leoni) for Moncler 1952
サンドロ・マンドリーノ(Sandro Mandrino) for Moncler Grenoble
シモーネ・ロシャ(Simone Rocha)
クレイグ・グリーン(Craig Green)
★マシュー・ウィリアムズ 1017 アリックス 9SM(Matthew Williams of 1017 ALYX 9SM)
★リチャード・クイン(Richard Quinn)
フラグメント ヒロシ・フジワラ(Fragment Hiroshi Fujiwara)
フランチェスコ・ラガッツィ(Francesco Ragazzi)
★ポルド ドッグ クチュール(Poldo Dog Couture)

 

Copyright © 2019 Fashionsnap. All rights reserved.

ファッション - ウェアラグジュアリー - ウェアデザインコレクション
新規登録