×
By
fashionsnap
掲載日
2017/01/22
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

ユニクロ×イネス」コラボ7シーズン目 2017年春夏ショーを都内で開催

By
fashionsnap
掲載日
2017/01/22

  「ユニクロ(Uniqlo)」が1月19日、仏ファッションアイコンのイネス・ド・ラ・フレサンジュ(Inès de la Fressange)とコラボレーションした2017年春夏コレクションのショーを都内で開催した。スタイリングは、ユニクロのスペシャル・プロジェクトデザインディレクターの滝沢直己が担当。コレクションは1月27日から順次発売される。

2017年春夏コレクション - Uniqlo


 イネスとのコラボレーションラインはユニクロが行なっている複数のコラボレーションの中でも人気があり、今回で7シーズン目。2017年春夏コレクションは、古くから交易の拠点として栄えた南仏の港町「マルセイユ」がテーマで、ショー会場には絨毯が敷きつめられた。イネスを象徴するネイビーのブレザーのセットアップにマルチカラーのポロシャツニットを合わせたパンツスタイルがファーストルックを飾り、波止場のバーにいる女性をイメージしたドット柄のドレスや、リネンコットンのフラワープリントのドレスなど港町の情緒あふれる情景から着想を得た全24ルックが披露された。
 
 イネスは「服によっては、素材が持つ自然なシワもひとつのディテールとして活かすのが今っぽく着こなすポイント。淡いブルーのリネンシャツは、アイロンをかけずに着るとヴィンテージのように見えて素敵」と今年らしい着方をアドバイスしている。

 

Copyright © 2021 Fashionsnap. All rights reserved.