×
By
fashionsnap
掲載日
2020/02/18
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

「ユニクロ」「ジーユー」でショッピングバッグ有料化、4月から

By
fashionsnap
掲載日
2020/02/18

  ファーストリテイリングが、4月1日から「ユニクロ(Uniqlo)」「ジーユー(GU)」の国内全店舗でショッピングバッグを有料化すると発表した。1枚一律税別10円で販売する。

ユニクロの紙製ショッピングバッグ - Image: ファーストリテイリング


 ファーストリテイリングは世界的な問題となっているプラスチックごみの削減を目指し、昨年7月からプラスチック製ショッピングバッグを紙または再生紙を使ったショッピングバッグに切り替えるとともに、マイバッグの利用を促してきた。今回、ショッピングバッグの有料販売を始めることで、ショッピングバッグ全体の使用量削減に努めていくという。なお、ユニクロではオリジナルのエコバッグ(M、L)を各190円で販売している。
 
 また、商品パッケージについてもプラスチック製を撤廃し、FSC認証(森林認証)を受けた紙などを使った代替パッケージへの切り替えを順次進めており、2019年秋冬シーズンからユニクロのルームシューズ、2020年春夏シーズンからエアリズム一部商品に紙製ヘッダータイプのパッケージを導入している。2020年秋冬シーズン以降はユニクロのヒートテックやジーユーの一部インナー商品に代替素材のパッケージを採用する。

 国内では今年7月からプラスチック製買い物袋(レジ袋)の有料化義務化が施行されることが決まっている。これを前にファーストリテイリングのほか、「H&M」や「ギャップ(Gap)」「バナナ・リパブリック(Banana Republic)」、「コスメキッチン(Cosme Kitchen)」などのブランドもプラスチック製ショッピングバッグを廃止。紙製に切り替えるとともに有料化している。

 

Copyright © 2021 Fashionsnap. All rights reserved.