×
By
fashionsnap
掲載日
2017/11/30
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

「ユニクロ」18年春夏はジーンズのラインナップ豊富、イネスからはルームウエアが初登場

By
fashionsnap
掲載日
2017/11/30

 「ユニクロ(Uniqlo)」が2018年春夏の展示会を開催し、各ラインナップの新作を発表した。

2018年春夏の展示会 - 画像: Fashionsnap


 ジーンズではロサンゼルスの自社デニム研究施設「ジーンズイノベーションセンター」が本格始動し、店頭に並ぶバリエーションを拡充。ローラ出演のコマーシャルで着用され、美脚に見せる効果で売れ行きが好調というハイライズシガレットジーンズは、春夏シーズンらしいシャーベットカラーなどの新色が加わる。そのほか、定番コラボレーションの「イネス・ド・ラ・フレサンジュ(Inès de la Fressange)」は昨シーズン初登場したメンズの展開は今回ないが、トリコロールや水玉、小花柄のワンピースなどのマリンスタイルが提案され、ラインでは初となるパジャマコレクションが発売する。
 
 4シーズン目を迎える「ユニクロ ユー(Uniqlo U)」では太めストライプのカラーボーダーのモチーフが多用され、メンズで人気だったオープンカラーシャツをウィメンズでも展開。スイムウエアはバリエーションを増やしてラインナップする。先日、2シーズン目の展開が決定した「Uniqlo and JW Anderson」も来春の発売に向けて、現在最終的な調整が行われているという。

 

Copyright © 2021 Fashionsnap. All rights reserved.