「ユニクロ」19年春夏は素材の機能性アップ、ルメールが手掛ける新作も

 「ユニクロ(Uniqlo)」が、2019年春夏シーズンの展示会を開催した。リネンやシアサッカー、ブロックテックといった素材を取り入れた新作が揃い、幅広いスタイルを提案している。

ユニクロ2019年春夏コレクション - Image: Fashionsnap.com

 2019年春夏シーズンは、イージーケアのプレミアムリネンのアイテムを多数展開。バンドカラーやボタンダウン、スキッパーデザインのシャツなどをカラーバリエーション豊富に揃えた。ウィメンズではイネス・ド・ラ・フレサンジュ(Inès de la Fressange)とのコラボレーションや、「ユニクロユー(Uniqlo U)」「ハナタジマフォーユニクロ(Hana Tajima For Uniqlo)」などのラインでも採用。さらっとした着心地や洗濯しやすさが特徴のシアサッカー素材は、メンズで昨年好評だった「Kandoパンツ」の新たなラインナップに加えたほか、ユニクロユーのセットアップでも登場する。
 
 昨年人気だった撥水および防風機能を備えたブロックテック素材は、ショート丈のモッズコートやトレンチコートにも活用。UVカット機能付きの素材は、メンズのカーディガンに初めて採用されたほか、ウィメンズのニットや吸汗速乾の機能性インナー「エアリズム」の長袖にも使われている。
 
 クリストフ・ルメール(Christophe Lemaire)がアーティスティック・ディレクターを務めるユニクロユーのアイテムでは、昨年人気だったウィメンズのクルーネックTシャツを通常のシルエットに加え、オーバーサイズかつショート丈に仕上げたデザインを用意する。また、ポケッタブルのサコッシュやナイロン素材のトートバッグが登場。水着や靴は継続して展開する。メンズではセットアップを拡充し、ベーシックとミリタリーのテイストでデザイン。ルメールが率いるデザインチームによるオリジナルのテキスタイルを採用したシャツやパンツなどがラインナップされる。

 

Copyright © 2019 Fashionsnap. All rights reserved.

ファッション - ウェアファッション - アクセサリー・雑貨ファッション - その他コレクション
新規登録