×
掲載日
2016/08/25
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

「ラペルラ」、新アーティスティックディレクターにジュリア・ハート ウェアラインも拡充か

掲載日
2016/08/25

 イタリアの高級ランジェリーブランド「ラペルラ(La Perla)」の新アーティスティックディレクターに、ジュリア・ハート(Julia Haart )が決定した。ブラジル出身のデザイナー、ペドロ・ロレンソ(Pedro Lourenço)を起用してからわずか1シーズンでの交代となる。
 
 17年春夏コレクションからの予定で、ハートはランジェリー、ナイトウェア、ビーチウェア、メンズ、アクセサリー、プレタポルテ(既製服)と、すべてのラインのデザインを手がけることになる。

Julia Haart

 
 今年の7月で終了したペドロ・ロレンソの契約は更新されなかった。ジュリア・ハートは既に1年ほど「ラペルラ」とアクセサリーコレクションで協業しており、メゾンも彼女のクリエイティビティに惹かれたようだ。
 
 自身のサイトでは、「self-made woman(自分で何でも作り上げる女性)」と表しているジュリア・ハートは、特にシューズ分野で知られる。2014年には自身のラグジュアリーレディースシューズブランドを立ち上げ、フューチャリスティックなスタイルと快適な履き心地を両立させた靴を提案している。

 特に製品開発に意欲的で、「ラペルラ」の既製服ラインを刷新して、今まで通りセクシーでゴージャスでありながら、よりコンフォートにしていきたいと話す。
 
 日常にも取り入れられるようなランジェリーコレクションを展開し、更に充実したライフスタイルを提案していくことがブランド側のねらいだ。
 
 「新しいアーティスティックディレクターは、プレタポルテ(既製服)ラインの拡充も監督していく」としているメゾン。より気安く、売れるモデルを開発していく意向も読み取れる。
 
 
 

不許複製・禁無断転載
© 2021 FashionNetwork.com