×

「ランドロード ニューヨーク」川西遼平が退任、日本で新規プロジェクト立ち上げへ

By
fashionsnap
掲載日
2020/05/29
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

「ランドロード ニューヨーク(Landlord New  York)」のデザイナー川西遼平が、2020年秋冬コレクションをもってブランドを離れることがわかった。

ランドロード2020年春夏コレクション - Image: Fashionsnap.com


 川西は、2011年にセントラル・セント・マーチンズ(Central Saint Martins)のニット科で学士号を取得し、ユニクロの「Tomodachi-Uniqlo」フェローシップによってパーソンズに入学。2015年にアメリカ軍支給品の縫製工場とニューヨークのパーソンズ美術大学、セントラル・セント マーチンズ出身者で構成されたデザインチームでランドロード ニューヨークを設立し、クリエイティブディレクターに就任した。2020年春夏シーズンには東京での初のショーを赤坂公三郎が手掛ける「コウザブロウ(Kozaburo)」と「Rakuten Fashion Week TOKYO 2020 S/S」で行った。ランドロードは2021年春夏コレクション以降もブランドを継続。川西は6月から日本へ活動拠点を移し、新規プロジェクトを立ち上げる予定だという。

 

Copyright © 2020 Fashionsnap. All rights reserved.