「リーボック」インスタポンプフューリー誕生秘話などに迫るイベント、ピザ スライスのトースト限定販売も

 「リーボック(Reebok)」が、1990年代に発表した2つのテクノロジーにフォーカスするイベント「Reebok 90s House」を表参道B-Sideで開催する。期間は4月5日から14日まで。

メインビジュアルImage: リーボック

 同イベントでは、空気の出し入れによってシューズのフィッティングを調整する「ザ・ポンプテクノロジー」と、ソールに内蔵されたエアポッドが安定性とクッション性を生み出す「ディーエムエックス・ムービング・エア・テクノロジー」(通称DMX)に焦点を当て、今年生誕25周年を迎える「インスタポンプフューリー(Instapump Fury)」の誕生秘話や、同モデルを製作したデザインチーム「RAC(Reebok Advanced Concepts)」を紹介。NBAの伝説的なセンターとして讃えられているシャキール・オニール(Shaquille O'Neal)のファーストシグネチャーモデルやRACがデザインした未公開のプロトタイプといった貴重なコレクションを展示するほか、インスタポンプフューリーのファーストモデルで採用したシトロンカラーで仕上げたスペシャルカーを披露する。
 
 開催を記念し、会場限定のフーディー(8,629円)やロングTシャツ(5,929円)を販売。Tシャツ(5,389円)は一部の店舗でも取り扱われる。また、会場内に喫茶スペースを設置し、ニューヨークスタイルのピザ専門店「ピザ スライス(Pizza Slice)」と「Reebok 90s House」のコラボレーションメニューとして、イベントオリジナルレシピのピザトーストを1日200食限定で提供する。
 
 イベントの期間中、B-Sideに隣接するショップTHINK!では、これまでに「リーボック クラシック(Reebok Classic)」とコラボしてきたアーティストたちの楽曲を収録した7インチレコードを限定300枚配布。店内では、レコードのカバーにステンシルとスプレーでオリジナルデザインを施すワークショップが行われる予定だ。このほか4月4日から7日までの期間は、イラストレーター上岡拓也が同ショップの外壁にグラフティを施すパフォーマンスを展開。4月12日には、ヒップホップアーティストのウィリーウォンカ(Wilywnka)とのコラボによるライブを開催する。上岡によるパフォーマンスとライブの出演者情報はリーボック クラシックのインスタグラムアカウントで発信される。


■Reebok 90s House
期間:2019年4月5日(金)~4月14日(日)
営業時間:11:00~20:00
会場:B-Side
住所:東京都渋谷区神宮前5-11-2
入場料:無料
 
■Reebok Classic × Wilywnkaライブイベント
開催日:2019年4月12日(金)
時間:19:00~21:00(開場18:30)
会場 :B-Side
入場料:無料
 

Copyright © 2019 Fashionsnap. All rights reserved.

ファッション - シューズスポーツイベント
新規登録