×
By
fashionsnap
掲載日
2020/08/28
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

「ルイ・ヴィトン」ブランド初のスケートシューズ製作、プロスケーターのルシアン・クラークと共同デザイン

By
fashionsnap
掲載日
2020/08/28

 ヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)が、自身のインスタグラムで「ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)」初のスケートシューズを公開した。

ヴァージル・アブロー公式インスタグラムより


 アブローはインスタグラムに、「パレス スケートボード(Palace Skateboards)」所属のプロスケーター ルシアン・クラーク(Lucien Clarke)との2ショットをはじめ、ルイ・ヴィトンのスケートシューズ、発売前のスケート雑誌「スラッシャー・マガジン(Thrashermag)」に掲載された広告ページの写真を投稿。「ジャマイカ出身のルシアン・クラークと契約した。ルイ・ヴィトンにとってスケーターとのこのような契約は初めて。彼にプロモデルを自由にデザインする権限を与えた」とコメントした。


ヴァージル・アブロー公式インスタグラムより


 また、クラークは自身のインスタグラムに「初めてルイ・ヴィトンのプロ向けシューズをデザインした」といったテキストと共に、雑誌のページをめくる動画やシューズの写真を公開。シューズは、シュータンにルイ・ヴィトンのモノグラムロゴ、ミッドソールにメゾンのモチーフを配したデザインで、サイドにはクラークのサインがあしらわれている。

 

Copyright © 2021 Fashionsnap. All rights reserved.