「ルイ・ヴィトン」新作は東京がモチーフに、公共サービスの制服などからデザイン着想

 「ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)」からメンズ アーティスティック ディレクター ヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)が手掛ける初のプレコレクションが発売される。5月3日の全国発売に先駆けて、4月26日からルイ・ヴィトン新宿店と阪急メンズ店で取り扱いを開始する。

Image: Louis Vuitton

 2019年秋冬プレコレクションは「東京」をモチーフに、日本の公共サービスに見られるユニフォームをはじめ、アウトドアライフやスポーツから得たインスピレーションをデザインに反映。グラフィックには日本へのオマージュが込められているという。
 
 ウェアではラジコンボートレースで着用されるジャケットから着想を得たマルチエンブレムが施されたウィンドブレーカーやシャツのほか、日本製のウォータープルーフ素材やブラックレザーを使用したトレンチコートやパーカを展開。そのほか、ボンバージャケットやアビエータージャケット、ブルゾンなどストリート要素が取り入れられたカジュアルなアイテムをはじめ、ブレザーとトラウザーズ、ハーネスを新たに解釈したテーラードのスリーピーススーツなどがラインナップする。
 
 モノグラムのバッグにはウェア同様、マルチエンブレムが施され、フラットなトートバッグやクロスボディメッセンジャー、ミニクロスボディバッグ、バックパックなどが登場。シューズは、オーストリッチのエキゾチックレザーを使用したスニーカーのほか、アンクルブーツ、ダービーシューズなどを揃える。
 
 なお、ブランドは今シーズン、新ライン「ステープルズ エディション バイ ルイ・ヴィトン(Staples Edition by Louis Vuitton)」を発表。新ラインではニュートラルなカラーラインナップのベーシックアイテムを展開する。

 

Copyright © 2019 Fashionsnap. All rights reserved.

ファッション - ウェアファッション - アクセサリー・雑貨ファッション - シューズラグジュアリー - ウェアラグジュアリー - アクセサリー・雑貨ラグジュアリー - シューズリテールコレクション
新規登録