×
562
求人
keyboard_arrow_left
keyboard_arrow_right

「レオナール」の新アーティスティックディレクター、期待の若手クリスティン・フンに決定

掲載日
today 2016/03/31
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

 昨年メゾンを去ったイーキン・イン(Yiqing Yin)の後任として、「レオナール(Leonard Paris)」の新アーティスティックディレクターに、クリスティン・フン(Christine Phung)が決定した。16年5月から着任予定だという。

Christine Phung - Vincent Lappartient


 13年に「アンダム ファッション アワード(ANDAM Fashion Award)」でプルミエール・コレクション賞を受賞したクリスティン・フン。昨年には、タピスリーで有名な仏オービュッソンのファッションコンテストでも最優秀賞を勝ち取っている。
 
 パリのデュペレ(Duperré)ファッション・デザイン学校とIFM(パリ・モード研究所)で学んだ後、「クリストフ・ルメール(Christophe Lemaire)」、「クロエ( Chloé)」、「ヴァネッサ・ブリューノ(Vanessa Bruno)」、「ベビーディオール(Baby Dior)」など大手メゾンで経験を積んだほか、「ラコステ(Lacoste)」、「ロシニョール(Rossignol)」といったスポーツブランドや、エシカルスニーカーの「ベジャ(Veja)」でも腕を振るった。

 11年に自身のブランドを立ち上げフンは、昨年末の当紙インタビューで、財務上の問題にも言及しており、「最近、あるブランドのアーティスティックディレクター職のオファーがあった。まだ名前は言えないが、自分のブランドを維持していくためにも、重要なことだと思い、受け入れた」と語っていた。
 
 メゾン「レオナール」は非常に強いアイデンティティーを持つブランドで、創始者であるデザイナーのダニエル・トリブイヤール(Daniel Tribouillard)も現役だ。イーキン・インとの関係は円滑とはいかなかったようだが、フンもまたトリブイヤールの監修のもと、デザインを手掛けることになる。



Jean-Paul Leroy (with Dominique Muret)

不許複製・禁無断転載
© 2019 FashionNetwork.com