「ロクシタン」、2022年から再生プラスチックをパッケージに使用

 ロクシタングループ(L'Occitane Group)が、商品のパッケージにリサイクルしたプラスチックを使用する計画を発表した。

 
 「ロクシタン(L'Occitane en Provence)」や「メルヴィータ(Melvita)」などを展開するロクシタングループは、サステナブル(持続可能)なプラスチックを扱うLoop Industriesと数年にわたるパートナーシップを締結。まずは「ロクシタン」ブランドが2022年より100%サステイナブルな「Loop PET」プラスチックをパッケージに用いるという。
 
 「『ロクシタン』は自然や人々、文化といったものにインスパイアされており、植物由来のエコな商品を40年以上にわたり生産してきました」と「ロクシタン」のグローバルブランドディレクター。「世界的にプラスチックによる汚染が広がるなか、Loop社の革新的な技術により、この問題に深く取り組むことができると考えて言います」。
 
 Loop社のアップサイクリング技術を用いれば、ペットボトルやパッケージ、カーペット、ポエステル繊維から海のプラスチックごみまで、様々な素材を再利用し、食品向けレベルの品質の容器を作り出すことができる。
 
 他にも「ロクシタン」ブランドはプラスチック容器やパッケージに対する取り組みに力を入れており、展開する店舗の30%でリサイクルした什器を使用しているという。これも2025年までには100%のレベルまで引き上げたいとしている。
 
 

Copyright © 2019 AFP-Relaxnews. All rights reserved.

コスメ産業
新規登録