×

「ヴァレンティノ」、7月のデジタル版パリ ファッションウィークには不参加

掲載日
2020/05/14
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

 「ヴァレンティノ(Valentino)」が、ランウェイショーのスケジュール見直しを発表した。今年の9月にメンズとウィメンズの両コレクションを披露し、7月にはオートクチュールラインに関するスペシャルプロジェクトを予定しているという。独自の日程に移行した「サンローラン(Saint Laurent)」や、クチュールを1月のミラノで発表すると決定した「ジョルジオ・アルマーニ(Giorgio Armani)」などに続いてのパリ公式日程離脱となる。

Valentino Haute Couture SS 2020 - © PixelFormula


 したがって、7月9日〜13日の期間にデジタルプラットフォームとして開催されるパリ メンズファッションウィークには 「ヴァレンティノ」は傘下しない。「プレゼンテーションなのかショーなのか、どういった形式かはまだ決定していませんが、9月にメンズ・ウィメンズ両コレクションを発表するイベントを行います。場所も未定です」とメゾンの広報担当。

 また、アーティスティックディレクターのピエールパオロ・ピッチョーリ(Pierpaolo Piccioli)は、7月のオートクチュールコレクション発表に向けて準備しているという。やはり今までにない形式のものになるとのことだが、詳細は伏せられている。
 

不許複製・禁無断転載
© 2020 FashionNetwork.com