×
By
Reuters
掲載日
2018/10/26
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

「ヴァレンティノ」CEO、今年度も成長見込む

By
Reuters
掲載日
2018/10/26

 「ヴァレンティノ(Valentino)」のステファノ・サッシ(Stefano Sassi)CEOは、2018年度も継続した成長を見込んでいると話した。メゾンはカタール王族系投資会社マイフーラ(Mayhoola)が所有している。

Valentino - Spring-Summer2019 - Womenswear - Paris - © PixelFormula


 今年度は「再び増収となるだろう。しかし、特に11月と12月は重要な月だ」とミラノのイベントで語ったサッシCEO。「ヴァレンティノ」は決算を公表していないものの、今年初めのイタリア現地紙のインタビューでは、2017年度の売上高が11億6000万ユーロ(約1474億3500万円)、EBITDAが1億9000万ユーロ(約241億4900万円)だったことを明かしている。
 
 中国を訪問したばかりだという同氏は、「不安材料は残る」としながらも、経済減速の兆しは見られなかったとも話した。

 米中間の貿易戦争を受けた中国経済の減速により、昨今ではラグジュアリー業界全体で株価が落ち込んでいる。
 
 「ヴァレンティノ」上場の可能性については言及を避けた。
 

(2018年10月26日現在、1ユーロ=127円で換算)
 

© Thomson Reuters 2021 All rights reserved.