×
By
fashionsnap
掲載日
2021/05/12
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

「ヴィクトリアズ・シークレット」分社化へ Lブランズが発表

By
fashionsnap
掲載日
2021/05/12

 Lブランズ(L brands)が、「ヴィクトリアズ・シークレット(VICTORIA'S SECRET)」を分社化すると発表した。8月に手続きが完了する予定。海外メディアの報道によると、同社はヴィクトリアズ・シークレットの売却先を模索していたが、買収オファーに対し価格面で見合わず断念したという。



 ヴィクトリアズ・シークレットは近年の業績不振に加え、Lブランズ元社長のレスリー・ウェクスナー(Leslie Wexner)氏のセクハラ疑惑と、元最高幹部のエド・ラザーク(Ed Razek)氏の「トランスジェンダーやプラスサイズのモデルをショーに起用しない」といった発言に批判が集まり、支持が低下。2019年には20年以上続けてきた年末恒例のショーを中止する事態となった。Lブランズはブランドの立て直しを進め、昨年2月にヴィクトリアズ・シークレットの過半数株式を米投資ファンドのシカモアパートナーズに売却することが決まっていたが、同年5月に破談となり、再び売却先を模索していた。

 Lブランズは今後、ヴィクトリアズ・シークレットと成長を続けている「バス&ボディワークス(Bath and Body Works)」の2つの上場企業に分かれる。ヴィクトリアズ・シークレット社の事業には「ヴィクトリアズ・シークレット ビューティー(Victoria's Secret Beauty)」「ピンク(PINK)」も含まれ、ヴィクトリアズ・シークレット現CEOのMartin Waters氏は分社後も事業の指揮を執る。LブランズCEOのAndrew Meslow氏はバス&ボディワークス社を率いていくという。

Copyright © 2021 Fashionsnap. All rights reserved.