×
472
求人
株式会社サザビーリーグ
販売促進担当(セールスプロモーション担当)Artida Oud(アルティーダ ウード) 
正社員 · 東京
L’ORÉAL GROUP
Japan Group/Senior Product Manager (Ppd, l'Oreal Professionnel)
正社員 · Tokyo
L’ORÉAL GROUP
Japan CRM Operation Specialist (Luxe, Digital)
正社員 · Tokyo
L’ORÉAL GROUP
Japan Brand E-Business Shop-iN-Shop Project Manager(Luxe, Digital)
正社員 · Tokyo
BAYCREW'S GROUP
マーケティング担当(メール/Sns、自社、業界最大級のEcサイト)
正社員 · 東京
AESOP
Marketing Coordinator
正社員 · 東京
CHRISTIAN DIOR
Supply Chain Assistant Manager
正社員 · 東京
AESOP
Hrコーディネーター(採用中心)
正社員 · 東京
HUBLOT
PR&ad Manager
正社員 · 東京
LVMH WATCH & JEWELRY JAPAN
ロジスティクス プロダクツオペレーション リーダー
正社員 · 東京
ステラ マッカートニー
Logistics Assistant (Import/Export Coordinator)
正社員 · 東京
GUCCI
Financial Controller
正社員 · 東京
KERING
Kering Store Planning Project Coordinator
正社員 · 東京
ヴァンドーム青山
販促物企画・制作(正社員)
正社員 · 東京
(株)ユナイテッドアローズ
経理担当(①売上管理スタッフ ②経費管理スタッフ)
正社員 · 東京
FOREO
Finance Manager - Tokyo, Japan
正社員 · Tokyo
ADIDAS
Manager, Retail Analyst, Retail Back Office
正社員 · 東京
ADIDAS
Senior Manager Buying Adidas & License Goods, Buying, Direct to Consumer
正社員 · 東京
ADIDAS
District Manager Field Operations, Retail Operations, Direct to Consumer
正社員 · 東京都
ADIDAS
Manager Evm, Consumer Experience, Ecommerce
正社員 · 東京都
ADIDAS
Manager Organic Search, Consumer Experience, Ecommerce
正社員 · 東京都
MOËT HENNESSY DIAGEO JAPAN
Account Manager Duty Free Sales
正社員 · 東京都

「ヴィクトリアズ・シークレット」CEOが退任へ

掲載日
today 2018/11/15
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

  米下着ブランド「ヴィクトリアズ・シークレット(Victoria’s Secret)」のジャン・シンガー(Jan Singer)CEOが退任するという。ウォールストリートジャーナル紙が報道した。親会社のLブランズ(L Brands)グループは業績不振に苦しんでいる。

Victoria's Secret 2018 - Spring-Summer2019 - Womenswear - New York - © PixelFormula


  シンガーCEOは10年以上ナイキ(Nike)で管理職を務めた後、米下着ブランド「スパンクス(Spanx)」での2年を経て「ヴィクトリアズ・シークレット」のトップへ就任した。
 
 ここ数年で、ランジェリー業界は体型やジェンダーなど多様性を意識したインクルーシブな"ボディ・ポジティブ"志向へと移行してきており、「ヴィクトリアズ・シークレット」はそうした流れへの対応に苦戦している。ブランドは常に完璧な体型の"エンジェル"たちを前面に押し出すマーケティングの方向性を変えようとはしていない。

 特に毎年開かれる大規模なランウェイショーはその代表で、先日も2018年版のイベントが開催されたばかりだ。今年は米『Vogue』誌のインタビューに応えたLブランズのエド・ラゼック(Ed Razek)CMOの発言が物議を醸した。ラゼック氏はトランスジェンダーをショーに用いる必要性を感じないといった見解を述べたが、これがSNS上で大きな批判を浴び、後に発言を撤回し謝罪している。しかし、最初の発言を鑑みるだけでも、Lブランズが多様性やインクルーシブといった時代の価値観に適応しきれていない事実がうかがえるだろう。
 
 シンガーCEOは「ヴィクトリアズ・シークレット」のCMOとして元「カルバン・クライン(Calvin Klein)」のジャン・パリッシュ(Jann Parish)を起用しブランドの新時代を予感させたが、実際のところ大した変化は見られず、パリッシュCMO自身も最近になって退任の意向を表明している。
 
 ブランドが提案してきたセクシーでデコラティブなランジェリーは、シンプルで快適な下着を求めるナチュラル志向の消費者が増えつつある現代において、魅力を失いつつある。シンガーCEOも、フィット感を重視したコンフォートなブラを打ち出して見直しを図ったものの、さほど成果を上げていない。
 
 Lブランズの第3四半期の業績は、速報値で「ヴィクトリアズ・シークレット」の既存店売上が2%減少している。
 
 「ヴィクトリアズ・シークレット」の本国アメリカでの売上は下がり続けているが、最近ではフランスに待望の一号店を出店する計画が明らかになった。今後は国外への拡大で勝機が訪れるかもしれない。
 
 後継者に関しての発表はなされていないが、第3四半期の業績発表を行う11月19日に明らかになる見込みだ。

 

不許複製・禁無断転載
© 2019 FashionNetwork.com