×
By
fashionsnap
掲載日
2021/03/03
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

⼤丸松坂屋百貨店が衣料品サブスク開始、メゾン マルジェラやマルニ展開

By
fashionsnap
掲載日
2021/03/03

⼤丸松坂屋百貨店が、3月中にファッションサブスクリプション型の新規事業「アナザーアドレス(AnotherADdress)」を立ち上げる。価格は月額税込1万1880円。「メゾン マルジェラ(Maison Margiela)」や「マルニ(MARNI)」などを取り扱うという。

アナザーアドレスでは服は使い捨てではないという信念のもと、ファッションの本質的な価値やサステナブルな取り組みを重視し、ファッション産業を取り巻く⼤量消費・大量廃棄といった環境問題の課題解決を目指す。ラグジュアリーブランドをはじめ、「アドーア(ADORE)」「エポカ(EPOCA)」「ベイジ,(BEIGE,)」など国内外の全50ブランドをラインナップする予定で、詳細は3月12日に発表される。

Copyright © 2021 Fashionsnap. All rights reserved.