×
569
求人
keyboard_arrow_left
keyboard_arrow_right

「大丸神戸店」化粧品売場の面積が約2割拡張、婦人服売場は縮小へ

By
fashionsnap
掲載日
today 2019/01/22
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

 大丸神戸店が、化粧品、婦人洋品雑貨、ハンドバッグの売場を今春リニューアルオープンする。

リニューアル後の婦人洋品売場イメージImage: 大丸神戸店


 リニューアルは3月上旬から4月下旬にかけて行われる。近年業績の伸び続けている化粧品売場は主にメーキャップブランドを強化し、1階西側へ売場面積を約20%拡張する。「トム フォード ビューティ(Tom Ford Beauty)」「アンプリチュード(Amplitude)」が新規参入するほか「ディオール(Dior)」「イヴ・サンローラン・ボーテ(Yves Saint Laurent Beauté)」「ゲラン(Guerlain)」「ジバンシイ(Givenchy)」「ボビイ ブラウン(Bobbi Brown)」といったブランド商品を販売。またインバウンド顧客からも要望の高いスキンケアブランド「ポーラ(Pola)」や「ファンケル(Fancl)」、フランス発オーガニックコスメ「メルヴィータ(Melvita)」も売り場に加わり、4月26日に全店舗のオープンを予定している。
 
 1階の婦人洋品売場は10年ぶりに展開場所を一新。3月30日に「カシラ(Ca4la)」「タビオ」「エイチエムエス ウォッチストア(H°M'S"WatchStore)」、4月26日に「アッシュ・ペー・フランス(H.P.France)」が1階山側にオープンする。また現在1階にあるハンドバッグ売場は3階に移設し、関西初出店の「エポイ(Epoi)」や神戸地区初出店の「ジャンニ キアリーニ(Gianni Chiarini)」のほか「ロンシャン(Longchamp)」が3月6日に出店。4月上旬には「フルラ」も入居する。

 なお今回のリニューアルに伴い、3階婦人服売場の一部にハンドバッグ売場を移設したため、3階の婦人服売場が縮小する形となる。

 

Copyright © 2019 Fashionsnap. All rights reserved.