×
By
fashionsnap
掲載日
2014/01/19
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

「時の経過」を表現する巨大円錐がルイ・ヴィトン表参道に

By
fashionsnap
掲載日
2014/01/19

 「Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)」が1月18日、Murielle Hladik(ミュリエル・ラ ディック)とEva Kraus(エヴァ・クラウス)がキュレーションするグループ展「Traces of Disappearance(消失の痕跡)」をエスパス ルイ・ヴィトン 東京でスタートした。「保存と腐朽」や「永遠性の希求と儚さ」など、相反する要素が共存する「両価性」 をテーマに、4組のアーティストが「時の経過」の概念を表現。白い鳩が入った高さ7メートルの円錐型インスタレーション「The Soul of the world」など、同展のために制作された作品が並ぶ。


 「Traces of Disappearance(消失の痕跡)」では、世の中には永遠に存在するものはなく、あらゆるものは時の影響を受けているということを核に、儚さや時の流れの問題を提起している。会場の中央に設置された「The Soul of the world」は、フランス人アーティストのAnne and Patrick Poirier(アンヌ&パトリック・ポワリエ)が、哲学者アンリ・ベ ルクソンが唱えた「記憶の円錐」にインスピレーションを得て制作。円錐の中に入れられた鳩は記憶そのものの不確かさや脆さを表し、鳩が飛び交ことで記憶がどのように保存、分類され、また忘却されるのかを表象した「生きている」インスタレーションとなっている。

 また、オーストリアの作家Kasper Kovitz(カスパー・ コーヴィッツ)は食用のグミ素材を使って直径7メートルの新作「The Sheer Size of It」を出展。素材のはかなさや作品そのものの一時性を表現したという同作では、エスパス ルイ・ヴィトン 東京に差し込む光によって、作品に描かれているユートピアの情景と、作品の背後の東京の地平線とが透けて融合していく変化する様も作品として打ち出されている。この他、フランス南部に位置するヴァントゥ山の写真を通して崇高の概念に迫った畠山直哉の「理想の地」、袁廣鳴(ユェン・グァンミン)による動くデジタルイメージ作品「Disappearing Landscape - Reason to be a leaf」などを展示。会期は4月13日まで。


■Traces of Disappearance(消失の痕跡)

会期: 2014年1月18日(土)~ 4月13日(日)
会場: エスパス ルイ・ヴィトン東京
住所: 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前 5-7-5 ルイ・ヴィトン 表参道ビル 7 階 電話: 03-5766-1094

開館時間: 12:00‐20:00
休館日: 不定休
入場料: 無料

Copyright © 2021 Fashionsnap. All rights reserved.