×
557
求人
keyboard_arrow_left
keyboard_arrow_right

「現代的なジュエリーブランドとは何か?」を問う、スウェーデン発「オール・ブルース」が日本初上陸

掲載日
today 2016/12/09
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

 スウェーデン発のユニセックスジュエリーブランド「オール・ブルース(ALL BLUES)」が日本に初上陸する。「現代的なジュエリーブランドとは何か?」をコンセプトに、デザイナーのフレデリック・ナトホルスト(Fredrik Nathorst)とジェイコブ・スカラッゲ(Jacob Skragge)が2010年に始動。上陸に合せて白金台のビオトープ(Biotop)では、カプセルコレクション「Ruined Omelette(ルーインド・オムレット / 出来損ないのオムレツ)」が12月9日に発売される。


 「オール・ブルース」はリサイクルされたスターリングシルバーや18Kゴールドを中心に、ストックホルムで三代にわたり続く鋳物工場で一点ずつ職人達が手作業で制作。2016年には「エル」が主催するファッションコンテスト「ベストアクセサリーデザイナー賞」を受賞したほか、女優エマ・ワトソン(Emma Watson)がニューヨークの国連本部で行った男女平等を訴えるスピーチの壇上で「オール・ブルース」のジュエリーを着用したことでも一躍注目が集まった。

 ビオトープ(Biotop)で展開されるカプセルコレクション「Ruined Omelette(ルーインド・オムレット / 出来損ないのオムレツ)」は、フレデリックが偶然落とした卵に着想を得たというネックレスやイヤリングで構成されている。価格は32,000円〜250,000円(税込)。店舗3階にあるレストラン「アーヴィングプレイス」では、ストックホルムにあるミシュラン1つ星のレストラン「オペラシェラレン(Operakällaren)」のレシピを再現したスペシャルメニューが提供される。
 

Copyright © 2019 Fashionsnap. All rights reserved.