×
By
fashionsnap
掲載日
2020/06/11
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

「銀座ソニーパーク」が開園期間を2021年9月までに延長、ソニービルの建て替え先送りに伴い

By
fashionsnap
掲載日
2020/06/11

 銀座ソニービル跡地に2018年8月から期間限定で開園している「銀座ソニーパーク(Ginza Sony Park)」が、2020年秋までを予定していた開園期間を2021年9月までに延長する。

銀座ソニーパークプロジェクト イメージ - Image: ソニー


 銀座ソニービルは、建て替えのため2017年3月末に閉館。銀座ソニーパークは新ソニービルが着工するまでの期間限定で、地上フロアと地下4階からなる垂直立体公園としてオープンした。施設には藤原ヒロシによるコンビニエンスストアをコンセプトとしたショップ「ザ・コンビニ(The Conveni)」や、ミシュラン星獲得店による飲茶スタンド「Mimosa Ginza」などが出店している。3月には、アーティストのShun Sudo(須藤 俊)が銀座の町をイメージして制作したウォールアートを新たに地下1階に設置した。

 リニューアル後の新ソニービルは、当初2022年秋の竣工を予定していたが2025年に完成時期を延期。建築計画を再検討したところ、当初の予定よりも時間を要することが顕在化したためだという。完成延期に伴い、建築設計や行政機関への認可手続きなどに必要な期間を利用して開園期間を延長。また、リニューアル後の施設名称は現在の「銀座ソニーパーク」を引き継ぐことが決定している。

Copyright © 2021 Fashionsnap. All rights reserved.