×
118
求人
SHISEIDO
Manager, Product Innovation Group, The Ginza Global Brand Unit
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Manager of Microbial Quality
正社員 · Yokohama
SHISEIDO
Finance Manager
正社員 · Minato City
NIKE
Operations & Logistics Technical Business Systems Analyst, Global Technology - Japan
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager / Brand Associate, Category Extension Group, Marketing Dept., Sgbu
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Manager / Brand Associate, Makeup Group, Shiseido Global Brand Unit
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Assistant Brand Manager, Brand Development China/tr/New Market g, Anessa Global Brand Unit
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Manager / Staff, Financial Planning & Analysis, Baum Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Digital Project Manager (Shu Uemura International)
正社員 · Tokyo
NIKE
Director, Consumer, Marketplace And Marketing Technology - Japan
正社員 · Tokyo
NIKE
Technology Manager, Digital Transformation Program Office (Dtpo)
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - 365 Creative Director
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Demand Planner
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Category Buyer
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Retail Supply Chain Planner
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
R&D Manager, Global Professional Business Div. Shiseido Professional Brand Unit
正社員 · Yokohama
SHISEIDO
Business Intelligence & Strategy Analyst / Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Marketing Manager/ Specialist, Global Professional Premium Hair Care Brand
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - Ethics & Compliance Manager
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - Neighborhood (Nbhd)/Authenticators Marketing Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Demand Planning Global Business Process Expert (dp Gbpe)
正社員 · TOKYO
SHISEIDO
Manager or Brand Associate, Core Platform, Marketing Dept. Shiseido Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
掲載日
2017/06/12
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

「クリストファー・レイバーン」、サステナブルなスポーティーシックを提案

掲載日
2017/06/12

 「クリストファー・レイバーン(Christopher Raeburn)」がロンドンファッションウィークメンズで発表したコレクションには、「Remade Reduce Recycle Raeburn」の文字があしらわれたリボンが登場し、前向きでサステナブル(持続可能)な姿勢を表現していた。

Fashion Network


 招待客を見渡す限り、ロンドンのメンズシーズンが持つ吸引力は失われつつあるとも感じられたが、コレクション自体は、ファッションにおける真の前進とも呼べるものに仕上がっていた。レイバーンは古いナイロン製のカイトを解体し、レインコートやジャケット、スポーティーなトップスへと変身させてみせた。制作は全て東ロンドンの自社「リメイドスタジオRemade Studio」で行われている。
 
 また、ドイツのウィンドブレーカーを現代的なパーカに昇華したり、カモフラージュをポップにしたプリントで遊んだりも。

 ロンドンは他の都市に比べても特にスポーツウェアのテイストで溢れているが、レイバーンはこうしたトレンドの良き見本と言えそうだ。オーガニックコットンのフーディーはグログランのトリムで仕上げるなど、上質に一捻りを加えることも忘れていない。
 
 「ビクトリノックス(Victorinox)」のクリエイティブディレクターも務めるレイバーンは、「砂漠、風、焼け付く太陽など、あらゆる天候や環境に向けてメンズ・ウィメンズ双方をデザインしている」と話す。

Fashion Network


  クリストファー・レイバーンは他にも、フランスのブーツブランド「パラディウム(Palladium)」と協業し、リサイクルゴムとリサイクル加工レザーを用いたリバーランニング向け高機能スニーカーや、ウォータープルーフソックスなどを制作している。コレクションのアイテムに付けたネームパッチは、エイブリィ・デニソン(Avery Dennison)と開発した3D熱伝導シリコンによるもの。さらに、「ブラックホース・レーン・アトリエ」(Blackhorse Lane Ateliers)」とは、デニムカーゴのショーツでコラボレーションした。
 

不許複製・禁無断転載
© 2021 FashionNetwork.com