×
135
求人
SHISEIDO
Manager, Product Innovation Group, The Ginza Global Brand Unit
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Manager of Microbial Quality
正社員 · Yokohama
SHISEIDO
fp&a Group Manager For Brand
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Finance Manager
正社員 · Minato City
NIKE
Operations & Logistics Technical Business Systems Analyst, Global Technology - Japan
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager / Brand Associate, Category Extension Group, Marketing Dept., Sgbu
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Manager / Brand Associate, Makeup Group, Shiseido Global Brand Unit
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Assistant Brand Manager, Brand Development China/tr/New Market g, Anessa Global Brand Unit
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Manager / Staff, Financial Planning & Analysis, Baum Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Digital Project Manager (Shu Uemura International)
正社員 · Tokyo
NIKE
Director, Consumer, Marketplace And Marketing Technology - Japan
正社員 · Tokyo
NIKE
Technology Manager, Digital Transformation Program Office (Dtpo)
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - 365 Creative Director
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Demand Planner
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Category Buyer
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Retail Supply Chain Planner
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
R&D Manager, Global Professional Business Div. Shiseido Professional Brand Unit
正社員 · Yokohama
SHISEIDO
Business Intelligence & Strategy Analyst / Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Marketing Manager/ Specialist, Global Professional Premium Hair Care Brand
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - Ethics & Compliance Manager
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - Neighborhood (Nbhd)/Authenticators Marketing Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Demand Planning Global Business Process Expert (dp Gbpe)
正社員 · TOKYO
掲載日
2019/12/10
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

「テッドベーカー」CEOが退任 業績振るわず事業見直し

掲載日
2019/12/10

 「テッドベーカー(Ted Baker)」のリンジー・ペイジ(Lindsay Page)CEOが即時退任する。後任には、レイチェル・オズボーン(Rachel Osborne)現CFOが就くという。

Ted Baker


 ペイジCEOは、「ハグ強要」疑惑で昨年辞任した創業者のレイ・ケヴィン(Ray Kelvin)の後継として、今年4月に就任したばかりだ。しかし、経験豊富な同氏の手腕をもってしても業績は改善しなかった。
 
 また、同社は2020年1月期通期業績予想についても下方修正を発表しており、修正後は税引前利益500万〜1000万ポンド(約7億1600万〜14億3100万円)を見込み、「最終的な予想はクリスマスの売上に左右される」としている。

  11月およびブラックフライデー時期についても「利益率と売上が予想に届かず」、「こうした厳しい状況が続くことが予想され、通期業績予想に関しては慎重な見方が求められる」と判断したという。
 
 「この12ヶ月は間違いなくブランド史上最も厳しいものとなった」とも述べ、グループ全体を通した業績改善と効率向上に取り組む姿勢を示した。
 
 2019年12月7日までの17週間のグループの業績は、売上高が前年同期比0.3%減の2億380万ポンド(約291億6200万円)で、為替の影響を除くと1.2%の減収となっている。オーガニックベースでは3.1%減だった。
 
 小売事業も5.7%の減収。卸売事業は15%伸びたものの、オーガニックベースでは1.9%にとどまっている。
 
 さらに、売上構成比31%を占めるECの売上高も0.7%減という結果になった。主にイギリスとヨーロッパで不調だったが、唯一アメリカのECだけが為替の影響を除き28.9%の増収を計上している。
 

(2019年12月10日現在、1英ポンド=143円で換算)
 

不許複製・禁無断転載
© 2021 FashionNetwork.com