×
147
求人
TOMORROWLAND
システムエンジニア
正社員 · 東京都
SAZABY LEAGUE, LTD. LITTLE LEAGUE COMPANY
卸営業
正社員 · 東京都
SAZABY LEAGUE, LTD. LITTLE LEAGUE COMPANY
経理
正社員 · 東京都
CANADA GOOSE
Financial Planning & Analysis Manager
正社員 · 東京都
SHISEIDO
Manager, Global Procurement Excellence Group
正社員 · Tokyo
AESOP
HR Operations Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Global Business Solution Lead For Marketing (Gbsl - Ctm)
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Global Business Solution Expert For Otc
正社員 · Tokyo
AESOP
CRM Coordinator
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
CRM Manager, Shiseido Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
AESOP
Accounting Manager (アカウンティング マネージャー)
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Group Manager, Logistics Service Group, Global Logistics Dept
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Associate Brand Manager, Product Innovation Group, Elixir Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Business Intelligence & Strategy Analyst / Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Regional Area Manager, Strategy & Business Development, Cle de Peau Beaute Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Group Manager, Safety Group, Safety, Quality & Sustainability Dept
正社員 · Tokyo
AESOP
Senior Art Director - シニアアートディレクター
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Regional Trade Marketing - Area Manager (China), Shiseido Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Regional Trade Marketing - Area Manager, Shiseido Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
PUMA
Assistant Sport Marketing Executive
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Accounting Manager, Finance Accounting Dept
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Regional Business Development Staff, Cle de Peau Beaute Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
掲載日
2010/12/23
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

11月既存SC(ショッピング・センター) 前年比:1.8%

掲載日
2010/12/23

11月既存SC(ショッピング・センター) 前年比:1.8%

SC総売上高(推計) 2兆2,283億円(前年比 2.8% 全SCベース)

※11月のSC総売上高(推計)は、改訂SC取扱基準に基づき、2010年8月末現在の全SC3,051SCをベースに算出した。



■売上高の概況
 2010年11月の既存SCの前年同月比売上高は1.8%で、先月に引き続き前年を上回ったが、伸長率は前月に比べ0.1ポイント後退した。

  今月は、12月からの家電エコポイント制度変更の駆け込み需要の影響が大きい。家電量販店の来店客増加により、飲食テナントの来店客数増加や売上増と、 SC全館において波及効果が見られた。また一部の全国展開のSCでは、テナント、キーテナントともに好調であり、売上の2桁増も目立つ。さらにファスト ファッションやカジュアル衣料品店などの新規開店効果により、売上を伸ばしているといった報告もみられた。ただし、昨年11月は本統計開始以来の最大の落 ち込み(-8.7%)であることや、エコポイント特需といった一過性の要因が強く、来月は反動による落ち込みが懸念されており、先行きは依然として不透明 である。

 立地別でみると郊外地域が5.5%、特にテナントは6.8%と好調であった。周辺地域はキーテナントのみ0.4%とプラス改善してい る。これは郊外地域に多い全国展開SCの売上増や、家電量販店のエコポイント特需による影響が大きい。一方で、中心地域では全体で-1.4%、テナント -1.2%、キーテナント-1.7%と後退している。これは中心地域ではファッション・衣料雑貨のテナントが多いことから、エコポイント特需の影響が薄い ことがあげられる。
 地域別では、立地による格差が見られる。中部は6.8%、特に郊外は10.4%と2桁増であった。次いで東北は5.1%、特 に郊外地域が7.6%と好調であった。これは、昨年が中部地域の落ち込みが大きいことの反動である(昨年は-12.3%)。一方でこれまで比較的好調で推 移していた北海道は、今月は唯一のマイナスであった。
 政令指定都市別で見ると、前月に引き続き名古屋市は14.5%と好調、次いで大阪市も8.2%で健闘している。

不許複製・禁無断転載
© 2022 FashionNetwork.com