×
135
求人
SHISEIDO
Manager, Product Innovation Group, The Ginza Global Brand Unit
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Manager of Microbial Quality
正社員 · Yokohama
SHISEIDO
fp&a Group Manager For Brand
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Finance Manager
正社員 · Minato City
NIKE
Operations & Logistics Technical Business Systems Analyst, Global Technology - Japan
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager / Brand Associate, Category Extension Group, Marketing Dept., Sgbu
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Manager / Brand Associate, Makeup Group, Shiseido Global Brand Unit
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Assistant Brand Manager, Brand Development China/tr/New Market g, Anessa Global Brand Unit
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Manager / Staff, Financial Planning & Analysis, Baum Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Digital Project Manager (Shu Uemura International)
正社員 · Tokyo
NIKE
Director, Consumer, Marketplace And Marketing Technology - Japan
正社員 · Tokyo
NIKE
Technology Manager, Digital Transformation Program Office (Dtpo)
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - 365 Creative Director
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Demand Planner
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Category Buyer
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Retail Supply Chain Planner
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
R&D Manager, Global Professional Business Div. Shiseido Professional Brand Unit
正社員 · Yokohama
SHISEIDO
Business Intelligence & Strategy Analyst / Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Marketing Manager/ Specialist, Global Professional Premium Hair Care Brand
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - Ethics & Compliance Manager
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - Neighborhood (Nbhd)/Authenticators Marketing Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Demand Planning Global Business Process Expert (dp Gbpe)
正社員 · TOKYO
掲載日
2017/11/22
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

「コントワー・デ・コトニエ」、18年春夏は原点回帰 滝沢直己がコンサルタントに

掲載日
2017/11/22

 ファーストリテイリング傘下のフレンチブランド「コントワー・デ・コトニエ(Comptoir des Cotonniers)」は、2018年春夏シーズンに向けて、原点に立ち返ったコレクションを披露した。
 
 グループの17年8月期連結業績発表資料によると、「コントワー・デ・コトニエ」事業は減収となり、経費削減を進めたことにも言及されている。実際、当該年度には20店舗ほどが閉鎖された。そうした文脈の中で、販売店舗だけでなく、グループは商品展開につても見直しを図り、ブランドの原点である素材第一のクリーンなスタイルへと回帰してみせた。18年春夏コレクションの「コントワー・デ・コトニエ」は、素材の味を活かしたベーシックなアイテムを展開する。

2018年春夏コレクション - Comptoir des Cotonniers


 コットン、リネン、メリノウール、シルクといったナチュラルな素材を用い、色使いも、マリン、オークル、サンドベージュ、ペールローズなど自然からインスパイアされたトーンが中心に。ワークウェア風のアイテムやマスキュリンな要素も取り入れたワードローブは、コンフォートを追求し、チノ、パーカ、トレンチ、シンプルなドレスといったアイコニックなモデルが揃う。
 
 「元々『コントワー・デ・コトニエ』では、素材を前面に押し出していた」とアレクサンドラ・フィネ(Alexandra Finet)広報担当。「見失っていたわけでは決してないけれど、今シーズンは特にその部分を強調したかった。流行を追うブランドではなくて、普遍的なアイディアが根幹にある」。

サファリ風のルックも - FashionNetwork


 2013~14年にはアメリー・ジリエ(Amélie Gillier)、そして2016年まではアン=ヴァレリー・アッシュ(Anne-Valérie Hash)と、有名デザイナーをアーティスティックディレクターに起用してきたが、今シーズンはインハウスチームがデザインを手掛ける。コンサルタントには、元「イッセイ・ミヤケ(Issey Miyake)」クリエイティブディレクターで現「ユニクロ(Uniqlo)」デザインディレクターの滝沢直己を迎えた。

 「コントワー・デ・コトニエ」は1995年にパリで誕生し、2005年にファーストリテイリングに買収されている。現在、世界中に330店舗を展開し、うち200店舗がフランス本国にある。

 

不許複製・禁無断転載
© 2021 FashionNetwork.com