×
113
求人
SHISEIDO
R&D Manager, Global Professional Business Div. Shiseido Professional Brand Unit
正社員 · Yokohama
SHISEIDO
Business Intelligence & Strategy Analyst / Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Marketing Manager/ Specialist, Global Professional Premium Hair Care Brand
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - Ethics & Compliance Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Global Business Solution Lead
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - Neighborhood (Nbhd)/Authenticators Marketing Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Demand Planning Global Business Process Expert (dp Gbpe)
正社員 · TOKYO
SHISEIDO
Manager or Brand Associate, Core Platform, Marketing Dept. Shiseido Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
IT Project Manager
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Information Security Specialist
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager, Consumer & Market Insights
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Business Data Analyst (Scm)
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager / Staff, Marketing For Global Professional Life-Style Hair Care Brand
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Specialist / Manager, Business Development
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Staff / Manager, Cross Border Marketing Strategy
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager / Brand Associate, Premium Solutions Group, Marketing Dept, Shiseido Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager, Strategy & Business Development, Global Professional Business Division
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager, Strategy Acceleration
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager, PR Excellence Group, Communication Excellence Dept., Sgbu
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager, Supply Network Group
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Staff of Digital Engagement Group, Global Professional Business Division
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Group Manager, Digital Engagement Group, Global Professional Business Division
正社員 · Tokyo
By
fashionsnap
掲載日
2019/10/10
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

「ラクマ」メンズスニーカーの取引数、2年間で約45倍増加

By
fashionsnap
掲載日
2019/10/10

 楽天が運営しているフリマアプリ「ラクマ」が、同アプリにおけるメンズスニーカーの取引数に関する調査結果を発表した。2018年の年間取引数は2016年と比較して44.6倍に増加し、急激に成長しているカテゴリーであることがわかった。

2016年から2018年にかけてのメンズスニーカー年間取引数の伸び率 - Image: ラクマ


 今回の調査期間は2016年1月から2019年8月末日まで実施。2018年2月に「フリル」と旧「ラクマ」のサービスを統合したことでラクマ全体の男性ユーザー数が増加したことや、昨今のスニーカーブームが影響していると分析している。メンズスニーカーの平均取引単価はアプリ全体の平均取引単価と比較して約3倍高く、限定のコラボレーションモデルや人気モデルなど、希少性が高い商品が高額で取引されるケースが多いという。
 
 このほか、2019年8月単月におけるメンズスニーカーの取引数ランキングでは、1位が「ナイキ(Nike)」で、2位に「アディダス(Adidas)」、3位に「コンバース(Converse)」と続いた。なお、2018年下半期から2019年上半期にかけてブランド別の平均取引単価の推移を調査したところ、「ニューバランス(New Balance)」の成長率が最も高い1.2倍を記録。同ブランドは今年を「M1500」の30周年アニバーサリーイヤーとして位置付け、記念モデルを続々と発売したことに加え、フラッグシップモデル990シリーズの新作「990v5」を発売したことで人気を集めた。

 また、8月に同カテゴリーで取引された商品のうち最高額だったのはナイキが2014年に発売したカニエ・ウェスト(Kanye West)とのコラボレーションモデル「Air Yeezy 2 SP Red October」で、40万円で売買された。

 

Copyright © 2021 Fashionsnap. All rights reserved.