×
130
求人
NIKE
Japan - Team Sales Manager
正社員 · Tokyo
PUMA
HR Business Partnering
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Global Controlling Specialist, Financial Accounting Dept
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager, Product Innovation Group, The Ginza Global Brand Unit
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Manager of Microbial Quality
正社員 · Yokohama
SHISEIDO
Finance Manager
正社員 · Minato City
NIKE
Operations & Logistics Technical Business Systems Analyst, Global Technology - Japan
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager / Brand Associate, Category Extension Group, Marketing Dept., Sgbu
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Manager / Brand Associate, Makeup Group, Shiseido Global Brand Unit
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Assistant Brand Manager, Brand Development China/tr/New Market g, Anessa Global Brand Unit
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Manager / Staff, Financial Planning & Analysis, Baum Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Digital Project Manager (Shu Uemura International)
正社員 · Tokyo
NIKE
Director, Consumer, Marketplace And Marketing Technology - Japan
正社員 · Tokyo
NIKE
Technology Manager, Digital Transformation Program Office (Dtpo)
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - 365 Creative Director
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Demand Planner
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Category Buyer
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Retail Supply Chain Planner
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
R&D Manager, Global Professional Business Div. Shiseido Professional Brand Unit
正社員 · Yokohama
SHISEIDO
Business Intelligence & Strategy Analyst / Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Marketing Manager/ Specialist, Global Professional Premium Hair Care Brand
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - Ethics & Compliance Manager
正社員 · Tokyo
掲載日
2018/05/29
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

「ルイ・ヴィトン」、南仏マーグ財団美術館で2019年クルーズショーを披露

掲載日
2018/05/29

  今年は大手メゾンがこぞってクルーズコレクションをフランスで発表するが、「ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)」も例に漏れず、南仏にあるマーグ財団美術館(Fondation Maeght)でショーを行った。

Louis Vuitton Cruise 2019 - Spring-Summer2018 - Cruise Collection - Paris - © PixelFormula


 ミロやアレクサンダー・カルダー、アンソニー・カーロにバーバラ・ヘップワースといった彫刻が並ぶ美術館では、それら展示作品に影響されたかのような大胆なシルエット、色、スタイルが披露された。
 
 会場には、デザインを手がけるニコラ・ジェスキエール(Nicolas Ghesquière)のミューズ、ジェニファー・コネリーのほか、シエナ・ミラーの姿も。

 カルダーやミロの彫刻に見られるようなカーヴを取り入れたシルエットは、肩に大きなボリュームをもたせているものの、やり過ぎたところはない。また、レギンスとスニーカーがドッキングしたような新しいシューズは、自然いっぱいの美術館の庭を歩くのにうってつけで、商業的にも成功しそうなアイテムだった。
 
 「20年前に初めて訪れたんだ。一家と芸術家たちとの関係はユニークで、いつもインスパイアされていたよ」とジェスキエールはショーの後に語ってくれた。
 
 他にも目を引いたのが、ミニのカクテルドレスに合わせたフェザージャケットと、美術館の作品のようにカラフルなデニムジャケットだ。
 
 「何て言うか、マイアミ的だと思うね。アシッドで60年代的なカラーだよ。ちょうどこの美術館が出来た時代さ」とジェスキエール。
 
 旧友のグレース・コディントン(Grace Coddington)に依頼して、猫モチーフのオリジナルプリントも制作した。ちなみに、コディントンは6匹もの猫を飼っているという。「僕らは親友だけど、彼女は猫派、僕は犬派なんだ」と彼は笑う。
 
 「ルイ・ヴィトン」のクルーズコレクションでは、毎回ショーの場所を反映していることも特徴の一つだ。リオではブラジルのサッカーをプリントに取り入れ、滋賀県のミホミュージアムでは歌舞伎や鎧といった日本文化にインスパイアされたアイテムを発表した。
 
 今季も、明るいイエローとホワイト、シルバーのカクテルドレスなどは、まるで1953年のフェルナン・レジェによるセラミック作品から抜け出してきたかのようだ。
 
 その3日前には、「ディオール(Dior)」がシャンティイ城の大厩舎でシックなロデオを披露したばかりだ。そして30日には「グッチ(Gucci)」がやはり南仏アリスカン墓地で行うショーも控えている。
 
 その後も、6月19日にはクリステル・コシェール(Christelle Kocher)手がける「コシェ(Koché)」が初となるクルーズコレクションをマルセイユで発表する。
 
 

不許複製・禁無断転載
© 2021 FashionNetwork.com