×
187
求人
FARFETCH
E-Commerce Strategy Consultant - Farfetch Platform Solutions
正社員 · TOKYO
FARFETCH
Digital Marketing Manager / Specialist- Affiliate And Growth Partnership Marketing
正社員 · TOKYO
ISSEY MIYAKE
企画テキスタイル(Issey Miyake)
正社員 · 東京都
ISSEY MIYAKE
販売促進
正社員 · 東京都
ISSEY MIYAKE
国内営業
正社員 · 東京都
ISSEY MIYAKE
人事採用担当
正社員 · 東京都
ISSEY MIYAKE
海外営業
正社員 · 東京都
DIESEL
アパレル販売スタッフ【正社員】
正社員 · 木更津市
SHISEIDO
Imc Manager/ Staff, Shiseido Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
NEW ERA
デジタルマーケティング スペシャリスト/プロフェッショナル(正社員)
正社員 · 東京都
Y'S
アトリエスタッフ【中途採用】
正社員 · 東京都
Y'S
Wildside Yohji Yamamoto Ecサイト運営
正社員 · 東京都
Y'S
国内営業スタッフ【中途採用】
正社員 · 東京都
GUCCI
Gucci Campaign Management & Client Insights Manager
正社員 · 東京都
GUCCI
Digital Operations Manager Japan
正社員 · 東京都
SHISEIDO
Manager, Digital Architecture, Digital Transformation Office
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
E-Commerce Director
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager, Global Procurement Excellence Group
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Global Business Solution Lead For Marketing (Gbsl - Ctm)
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Global Business Solution Expert For Otc
正社員 · Tokyo
AESOP
CRM Coordinator
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
CRM Manager, Shiseido Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
掲載日
2017/06/09
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

「オフ-ホワイト」のヴァージル・アブロー、「イケア」とのコラボでミレニアルズ向けインテリア発売

掲載日
2017/06/09

 「オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー(Off-White c/o Virgil Abloh)」のヴァージル・アブローが、家具メーカー「イケア(Ikea)」と協業し、ミレニアルズ向けの商品を発売する。

Ikea


 アブローと「イケア」は、ユニークでイノベーティブな家具とインテリア雑貨のラインを作り上げる予定で、美的でありながら機能的なアイテムを揃えるという。初めて一人暮らしをするミレニアルズ世代をターゲットに想定し、狭い空間や短期間の賃貸、限られた予算といった条件にフォーカスした商品を提案する。
 
 「ヴァージル・アブローには興味を持っていた。境界にこだわらずに、若い世代と何を求めているのか、何が欲しいのかを知っている人物だ」とイケアのレンジ&サプライ部門クリエイティブリーダーであるヘンリック・モスト(Henrik Most)は話す。

 「そこが面白いと思ったんだ。イケアは、初めての住居をどうやって安くファッショナブルに仕上げられるか、ということを探求したい。ヴァージル・アブローと『オフ-ホワイト』はぴったりだ」。

Ikea


 長年カニエ・ウェスト(Kanye West)のクリエイティブコンサルタントを務めていたアブローは、DJやプロデューサーとしての顔も併せ持つ。彼のセンスは若い世代のファッション消費者、特に男性に高い人気を誇り、「オフ-ホワイト」は現代のストリートファッションに欠かせない存在となった。
 
 アブロー自身も、「僕らは継ぎ接ぎの、(SNSの)タンブラー後の世界にいると思う。自分のものではない画像をたくさん集めて、それを編集して自分自身を表現するんだ。そのもの自体が自分のものでなくても、それを買うお金がなくても、美しいものが自分のページを飾り、自分の趣味を表してくれる。こういうものを実際の場所に作り出すことが僕の目的だった。『イケア』が後押ししてくれることで、若い世代がデザインやアートと共に過ごすことができるようになる。今回のコラボレーションは、僕の手掛けたプロジェクトの中でもコンセプトとして最も重要な部類のものだ。消費者を教育する非常に高いポテンシャルを秘めている」と述べている。
 
 同コレクションは、2019年にローンチ予定だ。
 

不許複製・禁無断転載
© 2022 FashionNetwork.com