「BFC/ヴォーグファッション基金アワード」メアリー・カトランズなどファイナリスト7組選出

 英国ファッション協会(The British Fashion Council、以下BFC)と英ヴォーグ(Vogue)誌が主催する2015年「BFC/Vogue Designer Fashion Fund」の最終候補者リストが発表された。メアリー・カトランズ(Mary Katrantzou)やソフィア・ウェブスター(Sophia Webster)ら新進気鋭の若手デザイナー7組が選出。3月24日に受賞者を公表する。




 今回は、「アディダス オリジナルス(adidas Originals)」ともコラボレーションしているメアリー・カトランズや個性的なシューズデザインで注目を集めるソフィア・ウェブスターに加え、ホリー・フルトン(Holly Fulton)、エミリア・ウィックステッド(Emilia Wickstead)、マイケル・ヴァン・デルハム(Michael van der Ham)、マザーオブパール(Mother of Pearl)、オスマン(Osman)が候補に選ばれている。

 審査委員は、ヴォーグ誌のエディターで同アワードの委員長を務めるAlexandra Shulmanをはじめ、「トップショップ(Topshop)」のメアリー・ホーマー(Mary Homer)CEOやナオミ・キャンベル(Naomi Campbell)、サマンサ・キャメロン(Samantha Cameron)、「バーバリー(Burberry)」のSarah Manley、「ファーフェッチ(Farfetch)」のSusanne Tide-Fraterなど英国ファッション界を代表する顔ぶれ。Alexandra Shulmanは「多様で個性的な候補者がいることに喜びを感じている」とコメントしている。受賞者には、1年間の指導サポートプログラムと賞金20万ポンドが提供される。

 「BFC/Vogue Designer Fashion Fund」は、英国で活動するデザイナーを世界的なブランドへ発展させることを目的に設立。これまでにアーデム(Erdem)やクリストファー・ケイン(Christopher Kane)、ジョナサン・サンダーズ(Jonathan Saunders)、ニコラス・カークウッド(Nicholas Kirkwood)、ピーター・ピロト(Peter Pilotto)などが受賞した。
 
 YouTubeでは、「BFC/Vogue Designer Fashion Fund」の舞台裏を撮影した動画が公開されている。
youtube.com/BritishFashionTV

不許複製・禁無断転載
© 2019 FashionNetwork.com

スポーツデザイン
新規登録