「H&M」新アンバサダーに清野菜名と伊藤健太郎を起用、ヴィジュアルを先行公開

  「H&M」は、2019年のゴールデンウィークキャンペーン「ゴールデンパス」のアンバサダーに女優の清野菜名と俳優の伊藤健太郎を起用した。コレクションは4月25日から全国の店舗とオンラインストアで販売される。

(左から)清野菜名、伊藤健太郎 - Image: H&M

 今年のキャンペーンは改元が行われ、新しい時代への橋渡しとなるゴールデンウィークの期間に、新しい時代への切符「Golden Pass」を手に次の時代へ突き進んでいく「冒険」をイメージして展開する。"冒険者"となるアンバサダーは計4人を起用したといい、今回は清野と伊藤のヴィジュアルを先行公開。他2人は後日発表される。
 
 コレクションではウィメンズとメンズともに「サファリ」をインスピレーション源に、樹木やストライプのプリントと、サンドベージュやカーキ、ホワイトといったカラーパレットを取り入れ、リネンやコットンなどカジュアルで涼しげな素材を使用したアイテムを制作。ウィメンズではブラウスやショートパンツ、ワンピース、キャミソール、サンダル、ピアスなど、メンズではシャツやパンツ、ストライプシャツ、ブレスレットなどが揃う。


 



 

 

Copyright © 2019 Fashionsnap. All rights reserved.

ファッション - ウェアファッション - その他広告・キャンペーン
新規登録