「J&M デヴィッドソン」の新クリエイティブディレクターにマークBY出身のケイティ・ヒリヤーが就任

 八木通商が展開する英国発のブランド「J&M デヴィッドソン(J&M Davidson)が、新クリエイティブディレクターにケイティ・ヒリヤー(Katie Hillier)を起用したと発表した。

「J&M デヴィッドソン」2019年秋冬コレクション - Image: 八木通商

 ケイティ・ヒリヤーはこれまで「ステラ マッカートニー(Stella McCartney)」「サカイ(Sacai)」「ヴィクトリア・ベッカム(Victoria Beckham)」などでアイコニックな製品を数多く手掛けてきたアクセサリーデザイナー兼ラグジュアリーコンサルタントとして知られており、2013年〜2015年には「マーク By マーク ジェイコブス(Marc by Marc Jacobs)」のクリエイティブディレクターを務めた。
 
 今後ヒリヤーはルエラ・バートリー(Luella Bartley)と立ち上げたブランド「ヒリヤー バートリー(Hillier Bartley)」の活動も続けながら、J&M デヴィッドソンでクリエイションを発表する。ヒリヤーによるデビューコレクションは2019年秋冬シーズンに披露される予定で、ウェアやアクセサリーを含む全カテゴリーを指揮する。競争の激しいラグジュアリーバッグ市場において、ブランドのポジションを再強化していくという。

 

Copyright © 2019 Fashionsnap. All rights reserved.

ファッション - アクセサリー・雑貨人事
新規登録