×
180
求人
AESOP
Accounting Manager (アカウンティング マネージャー)
正社員 · Tokyo
Y'S
営業アシスタント
正社員 · 東京都
Y'S
国内営業スタッフ
正社員 · 東京都
GUCCI
Gucci Store Planning Senior Project Manager
正社員 · 東京都
GUCCI
Gucci Back Office Specialist
正社員 · 東京都
GUCCI
Client Data & Insights Manager
正社員 · 東京都
SHISEIDO
Group Manager, Logistics Service Group, Global Logistics Dept
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Associate Brand Manager, Product Innovation Group, Elixir Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
BAROQUE JAPAN LIMITED
人事労務担当
正社員 · 東京都
BAROQUE JAPAN LIMITED
Ecサイト運営担当
正社員 · 東京都
UNITED ARROWS LTD.
【正社員】アプリエンジニア
正社員 · 東京都
UNITED ARROWS LTD.
【正社員】システムインフラ担当 ※インフラをメインとした新規システム企画
正社員 · 東京都
UNITED ARROWS LTD.
プロジェクトマネジャー
正社員 · 東京都
RESTIR
Ec事業部 メンズ 営業/企画
正社員 · 東京都
RESTIR
Ec事業部 ウィメンズ 営業/企画
正社員 · 東京都
RESTIR
ロジスティクス
正社員 · 東京都
SHISEIDO
R&D Manager, Global Professional Business Div. Shiseido Professional Brand Unit
正社員 · Yokohama
SHISEIDO
Business Intelligence & Strategy Analyst / Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Regional Area Manager, Strategy & Business Development, Cle de Peau Beaute Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
資生堂インタラクティブビューティー株式会社 HR Generalist / HR Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
fp&a Manager, Region Finance Group, Strategic Finance Dept
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Group Manager, Safety Group, Safety, Quality & Sustainability Dept
正社員 · Tokyo
掲載日
2020/01/20
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

「J.M. ウエストン」がパリで「ヴィンテージ」プロジェクトをローンチ

掲載日
2020/01/20

 「J.M. ウエストン(J.M. Weston)」が、パリでアートパフォーマンスを開催し、「ウエストン ヴィンテージ(Weston Vintage)」プロジェクトのローンチを祝った。

Weston Vintage collection - Photo: J.M. Weston / Virgile Guinard

 
 フォブール・サントノレ通り店の周りを、タキシードやクリケットギア、サックスーツを着たモデルが歩き回りクリエイティブディレクターのオリヴィエ・サイヤール(Olivier Saillard)がMCマイクを握る。モデルの足元にはすべて、リペア済みのヴィンテージの「ウエストン」が合わせられた。同店では、新コンセプトのローンチを記念し、3週間限定のポップアップイベントが行われている。
 
 それぞれの靴にはユニークなニックネームがつけられており、「ヴァージニア・ブロー(Virginia Bloh)」、「ラルフ・シモンズ(Ralph Simons)」、「ヘルムート・クライン(Helmut Klein)」、「カルバン・ラング(Calvin Lang)」、「ロジェ・ガッバーナ(Roger Gabbana)」、「バルタン・マレンシアガ(Bartin Malenciaga)」といった具合だ。

 「現実的なやり方で循環型経済を実現した。良い具合に味の出てきた古い靴を修理してやり直すんだ。ちょっとしたユーモアのセンスを交えてね」とオリヴィエ・サイヤール。
 
 きっかけは、インターネット上で1000足近い「ウエストン」のユーズド商品が販売されている事実を知ったことだという。そこで、ブランド自らが動き出した。
 
 ティエリー・オリエ(Thierry Oriez)CEOは、「我々の顧客のほぼ全員が、一生に一度は『ウエストン』を修理に出している。より手を出しやすいエントリープライスで、若い世代にもブランドを知ってもらう良い機会になると思った」と話す。
 
 顧客が持ち込んだ靴を査定し、修繕可能なものをアップサイクルして「ヴィンテージ」シリーズとして販売するというシステム上、売上高は回収する靴の数にも左右される。CEOによると、持ち込まれた靴900足のうち、実際にアップサイクルできるのはわずか300足程度だという。
 
 しかし、現在のところその需要は目を見張るものがある。イベント前の24時間たらずで、すでに12足の「ヴィンテージ」シューズを売り上げた。今後は、パリの2店舗と東京の旗艦店に同コンセプトを導入していく意向だ。
 
 

不許複製・禁無断転載
© 2022 FashionNetwork.com