×
347
求人
NIKE
Japan Nddc (Nike Direct Digital Commerce) Finance Planning Manager
正社員 · Tokyo
PHV
Manager, Merchandising, Calvin Klein Womens
正社員 · Chiyoda City
PHV
Manager, Digital Marketing, Calvin Klein
正社員 · Chiyoda City
NEWELL
Marketing Manager
正社員 · MINATO CITY
SHISEIDO
Group Manager, Digital Strategy & Execution, Cle de Peau Beaute Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Information Security Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Financial Controller, Strategic Finance Department
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Regional Business Development Staff, Cross Boarder Strategist, Shiseido Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Regional Business Development Staff, s&op Strategist, Shiseido Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Information Security Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager / Staff, Social / Kol / Influencer Management, Marketing & Communication
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Oversea Business Development Manager/Staff, Baum Group, Baum
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Product Manager (Staff-jr.Mgr) (Luxe)
正社員 · Tokyo
COACH
sr. Manager, Retail E-Commerce
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager, Regulatory Strategy Group
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Global Brand Holder Demand Planner
正社員 · Tokyo
YOHJI YAMAMOTO INC.
国内営業スタッフ【中途採用】 (売上・在庫管理、店舗サポート業務、取引先との商談・交渉 等)
正社員 · 東京都
YOHJI YAMAMOTO INC.
営業アシスタント (売上・在庫数の集計・データ分析)
正社員 · 東京都
YOHJI YAMAMOTO INC.
Ecサイト運営 (Ecサイトの運営管理 等)
正社員 · 東京都
BARNEYS NEWYORK
【サポートオフィス】システムチームスタッフ(正社員)
正社員 · 東京都
SHISEIDO
Strategic Human Resources Manager, People Division
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager/Staff, Marketing & Communication Development Department, Shiseido Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
掲載日
2020/01/20
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

「J.M. ウエストン」がパリで「ヴィンテージ」プロジェクトをローンチ

掲載日
2020/01/20

 「J.M. ウエストン(J.M. Weston)」が、パリでアートパフォーマンスを開催し、「ウエストン ヴィンテージ(Weston Vintage)」プロジェクトのローンチを祝った。

Weston Vintage collection - Photo: J.M. Weston / Virgile Guinard

 
 フォブール・サントノレ通り店の周りを、タキシードやクリケットギア、サックスーツを着たモデルが歩き回りクリエイティブディレクターのオリヴィエ・サイヤール(Olivier Saillard)がMCマイクを握る。モデルの足元にはすべて、リペア済みのヴィンテージの「ウエストン」が合わせられた。同店では、新コンセプトのローンチを記念し、3週間限定のポップアップイベントが行われている。
 
 それぞれの靴にはユニークなニックネームがつけられており、「ヴァージニア・ブロー(Virginia Bloh)」、「ラルフ・シモンズ(Ralph Simons)」、「ヘルムート・クライン(Helmut Klein)」、「カルバン・ラング(Calvin Lang)」、「ロジェ・ガッバーナ(Roger Gabbana)」、「バルタン・マレンシアガ(Bartin Malenciaga)」といった具合だ。

 「現実的なやり方で循環型経済を実現した。良い具合に味の出てきた古い靴を修理してやり直すんだ。ちょっとしたユーモアのセンスを交えてね」とオリヴィエ・サイヤール。
 
 きっかけは、インターネット上で1000足近い「ウエストン」のユーズド商品が販売されている事実を知ったことだという。そこで、ブランド自らが動き出した。
 
 ティエリー・オリエ(Thierry Oriez)CEOは、「我々の顧客のほぼ全員が、一生に一度は『ウエストン』を修理に出している。より手を出しやすいエントリープライスで、若い世代にもブランドを知ってもらう良い機会になると思った」と話す。
 
 顧客が持ち込んだ靴を査定し、修繕可能なものをアップサイクルして「ヴィンテージ」シリーズとして販売するというシステム上、売上高は回収する靴の数にも左右される。CEOによると、持ち込まれた靴900足のうち、実際にアップサイクルできるのはわずか300足程度だという。
 
 しかし、現在のところその需要は目を見張るものがある。イベント前の24時間たらずで、すでに12足の「ヴィンテージ」シューズを売り上げた。今後は、パリの2店舗と東京の旗艦店に同コンセプトを導入していく意向だ。
 
 

不許複製・禁無断転載
© 2023 FashionNetwork.com