「Nike アプリ」日本展開がスタート、パーソナライズされたコンテンツや限定アイテムを提供

 「ナイキ(Nike)」が、新たな公式アプリ「Nike アプリ」の日本展開を12月11日に開始する。iOSとAndroidの両方に対応し、ダウンロードは無料。

「Nike アプリ」のデモ画面 - Image: Fashionsnap.com

 「Nike アプリ」はNike+の会員メンバーを対象にユーザーのライフスタイルに合わせてパーソナライズされた情報を発信するアプリで、アメリカやヨーロッパなどでは約2年前から展開されている。登録時にユーザーが興味のあるスポーツやアイテムを選択することでコンテンツをカスタマイズし、レコメンド商品や最新スタイルの提案、トップアスリートによるアドバイス、プロダクトにフォーカスしたエピソードなど様々な情報を提供する。このほか、メンバーのみがアクセスできる「メンバー・ショップ」では、同アプリ限定のアイテムを販売。アプリの公開後、「ナイキ ズーム フライ SP」や「ナイキ ズーム ヴェイパーフライ 4%」「ナイキ ヴェイパーマックス 2019」などの限定プロダクトが発売される予定だ。
 
 来日したグローバル・デジタル・プロダクツ担当ヴァイスプレジデントのマイケル・マーティン氏は「アプリを通じてナイキが提供するショッピングとスポーツの進化を感じてもらえたら」とコメントした。
 
 ナイキでは「Nike アプリ」のほか、トレーニングに特化した「Nike+ Training Club」やランニングアプリ「Nike+ Running」、キュレーション型のスニーカー専用ECサイト「ナイキ SNKRS(スニーカーズ)」の公式アプリなどを展開している。

 

Copyright © 2019 Fashionsnap. All rights reserved.

スポーツメディア
新規登録