×
By
fashionsnap
掲載日
2021/06/10
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

「@cosmeベストコスメアワード」上半期はキャンメイクのリップケアスクラブが大賞、デパコストップはSUQQUの新作アイパレット

By
fashionsnap
掲載日
2021/06/10

 日本最大のコスメ・美容の総合サイト「アットコスメ(@cosme)」を運営するアイスタイルが、「@cosmeベストコスメアワード2021 上半期新作べストコスメ」を発表した。大賞には「キャンメイク」の角質ケア用リップスクラブ「プランプリップケアスクラブ」が輝いた。総合2位は「スック(SUQQU)」の「シグニチャー カラー アイズ」で、デパートコスメ(デパコス)としてはトップにランクインした。



 上半期新作ベストコスメは、昨年11月1日から今年4月30日に発売された新商品が対象。大賞を受賞したプランプリップケアスクラブ(594円)は7種の保湿成分を配合し、リップパックをした後のような高保湿が持続する。透明タイプで、メイク直しや就寝前など昼夜問わず使用できる。初心者がチャレンジしやすい価格帯に加えて、「マスクの着脱による乾燥」「マスクへの色移りの懸念」といったマスク生活で生まれた新たな唇悩みへのアプローチとしてリップメイクする人・しない人の双方の悩みに寄り添う点などが評価された。また、当初限定品として販売していたが、反響を受けて定番化を決定。コロナ禍で購買行動が慎重になっている中で、「限定品」が購入の後押しに繋がったのではないかと分析している。

 このほか、2021年上半期の美容に関する傾向を発表。上半期に発売された新商品は、商品説明文内の「マスク」という訴求ワードの出現率が昨年の同期間と比べて約17倍と激増。 マスク着用から起こる「こすれ」や「肌のゆらぎ」、ウイルスをブロックしたい気持ちや、長期化する様々な行動制限のある生活から受ける疲れを意識して「疲れる」という訴求ワードも増えた。また、スキンケアへの意識の高まりが新型コロナの影響によって加速した昨年の上半期ベストコスメでは、大賞から4位までスキンケア商品が占めていたが、今年の総合大賞はスキンケアカテゴリではあるものの、スキンケア商品だけではなく、ベースメイク商品、リップなどのメイクアップ商品がバランスよくランクイン。今年5月に実施した@cosme ユーザーを対象とした「化粧品に関するアンケート」によると、スキンケア化粧品にかける金額は引き続き増加傾向だった一方で、メイクアップ化粧品にかける金額については依然「減った」と 回答した人が39%を占めたものの、過去2回の調査を比較すると「減った」と回答した人が15ポイント減少しており、回復の兆しが見えたという。また、新型コロナ感染拡大により外出が制限される中でも、生活圏内の手軽に化粧品を購入できることから、ドラッグストアで取り扱いのある商品が支持を集めた。

Copyright © 2021 Fashionsnap. All rights reserved.