×
By
fashionsnap
掲載日
2021/03/30
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

「YSL」日本初のサステナビリティ アンバサダーにローラが就任

By
fashionsnap
掲載日
2021/03/30

 「イヴ・サンローラン・ボーテ(Yves Saint Laurent Beauté)」が、ローラを初のジャパン サステナビリティ アンバサダーに起用したことを発表した。ジャパン アンバサダーとの兼任になる。3月26日の今日、旗艦店「イヴ・サンローラン・ボーテ 表参道 フラッグシップ ブティック」の1周年を記念するトークイベントにローラが登壇した。



 イヴ・サンローラン・ボーテは、SDGs活動として「地球環境への配慮」「肌への安全性」「女性支援」の3つのワードをフィロソフィーとして提唱している。1周年を迎えた表参道のフラッグシップ ブティックでは、4月30日まで「サステナビリティ ウィーク」を展開。レフィル使用によるプラスチック削減やパッケージリサイクル、ノーショッパーの推奨といった企画などを実施している。
 
トークイベントにローラは、ホワイトのミニドレスで登場。メーキャップには、アイコンリップ「ルージュ ピュールクチュール コレクター」の「ショー ディッチ ウォーク」カラーを使用していた。ローラは自身で行っているサステナブルな活動について「地球環境ために自宅でできることをYouTubeやインスタグラムでシェアしています。最近ではキッチンのスポンジをへちまのスポンジに変えてみました」と説明。トークイベントの最後には「今後もサステナビリティについて楽しみながら勉強して、皆さんにシェアしていきたいです。自分の心と向き合う時間の大切さをもっと知ってもらえたら」とファンに向けてコメントした。

Copyright © 2021 Fashionsnap. All rights reserved.