×
187
求人
FARFETCH
E-Commerce Strategy Consultant - Farfetch Platform Solutions
正社員 · TOKYO
FARFETCH
Digital Marketing Manager / Specialist- Affiliate And Growth Partnership Marketing
正社員 · TOKYO
ISSEY MIYAKE
企画テキスタイル(Issey Miyake)
正社員 · 東京都
ISSEY MIYAKE
販売促進
正社員 · 東京都
ISSEY MIYAKE
国内営業
正社員 · 東京都
ISSEY MIYAKE
人事採用担当
正社員 · 東京都
ISSEY MIYAKE
海外営業
正社員 · 東京都
DIESEL
アパレル販売スタッフ【正社員】
正社員 · 木更津市
SHISEIDO
Imc Manager/ Staff, Shiseido Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
NEW ERA
デジタルマーケティング スペシャリスト/プロフェッショナル(正社員)
正社員 · 東京都
Y'S
アトリエスタッフ【中途採用】
正社員 · 東京都
Y'S
Wildside Yohji Yamamoto Ecサイト運営
正社員 · 東京都
Y'S
国内営業スタッフ【中途採用】
正社員 · 東京都
GUCCI
Gucci Campaign Management & Client Insights Manager
正社員 · 東京都
GUCCI
Digital Operations Manager Japan
正社員 · 東京都
SHISEIDO
Manager, Digital Architecture, Digital Transformation Office
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
E-Commerce Director
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager, Global Procurement Excellence Group
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Global Business Solution Lead For Marketing (Gbsl - Ctm)
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Global Business Solution Expert For Otc
正社員 · Tokyo
AESOP
CRM Coordinator
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
CRM Manager, Shiseido Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
掲載日
2016/06/28
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

17年春夏コレクション、メンズトレンド分析

掲載日
2016/06/28

 ロンドン、ミラノ、パリのメンズファッションウィークで見られた17年春夏シーズンのトレンドを、10のテーマに分けて紹介する。マキシ化するボリュームや、ナイロンのような軽量素材、コンビネゾンやロングチュニックといったキーアイテムが登場。

1)マキシ丈

Dries Van Noten - © PixelFormula


  秋冬シーズンからのビッグシルエットトレンドは引き続き健在で、ゆったりしたコンフォートなシルエットのTシャツやパンツに、春夏は更に長さが加わる形で進化。シャツは腰を覆い、パンツの裾は足を隠し、コートは床に尾を引く、マキシ丈が目を引いた。
 
2)超軽量ナイロン

Versace - © PixelFormula


 コットン、リネン、シルク、サマーウールなど、薄い素材を用いたワードローブが主流に。中でも、ナイロンなど高機能な繊維を用いた、パラシュートのような軽い素材がランウェイを席巻した。ウィンドブレーカー、レインパーカ、バイクやスキー用に見られるような防水バギーなどが、来夏のマストアイテムになりそうだ。

3)レトロジョガーパンツ

「ピガール」のステファン・アシュプール - Instagram


 ここ数シーズンのジョガーパンツ熱も継続中だ。オーバーサイズのジャージや、よりコンフォートなキルティング素材まで、リラックスした今のメンズワードローブにぴったりのアイテムが多数揃った。ステファン・アシュプールのように、何とウェディングにまで対応!
 
4)ゴールドイエロー

Gucci - © PixelFormula


 ブラック、ネイビー、カーキ、ボルドーといったクラシックなメンズのカラーパレットに加えて、ピンク、ミントブルー、ミモザイエロー、ライラック、ペールオレンジ、スカイブルーのようなパステルカラーもイン。また、オレンジや光沢のあるゴールデンイエローといったビビッドなアクセントカラーも、多くのショーで見られた。
 
5)コンビネゾン

Walter Van Beirendonck - © PixelFormula


 来夏を代表するアイテムとなるのが、コンビネゾンだ。「ルメール(Lemaire)」はモノクロナイロンのジップアップで、「MSGM」はカラフルなフラワープリントを使い、「ポール・スミス(Paul Smith)」ではカーキとネイビーにレインボーの襟をあしらったものやマドラスチェックのモデルが登場したほか、「ウォルター・ヴァン・ベイレンドンク(Walter Van Beirendonck)」は、フリンジやスパンコールといった装飾もあしらった。
 
6)首元のコード使い

Kolor - © PixelFormula


 14-15年秋冬で「プラダ(Prada)」が提案していたような、細いスカーフをリボンやネクタイのように首元にあしらうルックがメンズに新しいエレガンスをもたらした。「ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)」のパンクスタイルにも、ドッグカラー風のスタッズアクセサリーが。
 
7)ダミエ柄

DSquared2 - © PixelFormula


 モッズ、スカ、パンクといったカルチャーの影響を受け、白黒フラッグチェックが「ジバンシィ(Givenchy)」、「ディオール(Dior)」から「ディースクエアード(Dsquared2)」のショーにも復活。他にも、マドラスチェックは「モンクレール ガムブルー(Moncler gamme Bleu)」を始めとした複数のコレクションで見られた。
 
8)チュニック

Dolce & Gabbana - © PixelFormula


 昨夏もメンズのワードローブに登場したロングチュニックの勢いも、まだまだ衰えない。モロッコのカフタンやジャラバを彷彿とするものや、シルクのナイトシャツ風のスタイルも。「ルメール」はデニムを使い、「J.W.アンダーソン(J.W.Anderson)」はよりアーティーなモデルに仕上げた。
 
9)ダブルベルト

Salvatore Ferragamo - © PixelFormula


 「サルヴァトーレ・フェラガモ(Salvatore Ferragamo)」や「ファセッタズム(Facetasm)」で見られたような、ベルトのダブル使いもトレンドの兆し。
 
10)ソックスとバックパックが手放せないアイテムに

Boris Bidjan Saberi - © PixelFormula

 
 ショーツに、足元はサンダルとソックスを合わせた少年風のスタイルが来夏の定番になりそうだ。
 
 また、バックパックも外せないアイテムに。キャンパー、エクスプローラー風のスタイルに合わせ、「プラダ」のように水筒や寝袋、更にはピンヒールパンプスまで、何でも持ち歩いてしまうルックも。

 

不許複製・禁無断転載
© 2022 FashionNetwork.com