×
134
求人
NIKE
j30 Project Management Office Manager
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - Team Sales Manager
正社員 · Tokyo
PUMA
HR Business Partnering
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Global Controlling Specialist, Financial Accounting Dept
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager, Product Innovation Group, The Ginza Global Brand Unit
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Manager of Microbial Quality
正社員 · Yokohama
SHISEIDO
Finance Manager
正社員 · Minato City
NIKE
Operations & Logistics Technical Business Systems Analyst, Global Technology - Japan
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager / Brand Associate, Category Extension Group, Marketing Dept., Sgbu
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Manager / Brand Associate, Makeup Group, Shiseido Global Brand Unit
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Assistant Brand Manager, Brand Development China/tr/New Market g, Anessa Global Brand Unit
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Manager / Staff, Financial Planning & Analysis, Baum Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Digital Project Manager (Shu Uemura International)
正社員 · Tokyo
NIKE
Director, Consumer, Marketplace And Marketing Technology - Japan
正社員 · Tokyo
NIKE
Technology Manager, Digital Transformation Program Office (Dtpo)
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - 365 Creative Director
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Demand Planner
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Category Buyer
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Retail Supply Chain Planner
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
R&D Manager, Global Professional Business Div. Shiseido Professional Brand Unit
正社員 · Yokohama
SHISEIDO
Business Intelligence & Strategy Analyst / Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Marketing Manager/ Specialist, Global Professional Premium Hair Care Brand
正社員 · Tokyo
掲載日
2018/01/11
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

200周年の「ブルックス ブラザーズ」、フィレンツェでブランド初のランウェイショー開催

掲載日
2018/01/11

 「ブルックス ブラザーズ(Brooks Brothers)」は、イタリア・フィレンツェで開催中のメンズ展示会「ピッティ・ウオモ(Pitti Uomo)」にて、創立200周年を記念してブランド初のランウェイショーを開催した。1818年に設立された同ブランドは、1988年にマークス&スペンサー(Marks & Spencer)の傘下に入ったが、2001年にはイタリアのクラウディオ・デル・ヴェッキオ(Claudio Del Vecchio)が買収している。

Pitti Immagine


 ショーは現地時間1月10日夜、ヴェッキオ宮を会場に、天井にレオナルド・ダ・ヴィンチやミケランジェロによるフレスコ画が描かれた500人大広間で行われた。内装にはブランドのアイコニックなカラーであるマリンブルーとゴールドを用い、バックではイタリアのフィルハーモニーオーケストラが生演奏を披露していた。
 
 流れるのはアリシア・キーズ(Alicia Keys)の『エンパイア・ステイト・オブ・マインド』など、アメリカの楽曲だ。長いランウェイには合計51のメンズルックが登場したほか、クリエイティブディレクターを務めるザック・ポーゼン(Zac Posen)がデザインしたウィメンズのシルエット8型も披露された。

 コレクションの多くは「ブルックス ブラザーズ」のアイコニックなアイテムからインスパイアされたもので、どんなシーンにも対応できるようなメンズワードローブとして現代に蘇っていた。ショーはエレガントな金ボタンのネイビーブレザーで幕を開け、スリーピーススーツ、レジメンタルタイ、蝶ネクタイ、フランネルのアンサンブルといったフォーマルなルックが続く。もちろん、1896年に「ブルックス ブラザーズ」が考案した "ボタンダウンシャツ"も登場。
 
 オフ仕様のリラックスしたウェアも揃い、コーデュロイのアンサンブル、ブルゾン、バミューダパンツ、半袖シャツ、ベスト、ジーンズといったアイテムが。
 
 モデルにも様々な人種を起用し、映画に描かれるような "アメリカ"のイメージを想起させている。ランウェイショーの後には、写真やアーカイブピースなどブランドも歴史も展示された。
 
 「我々は200年間、歩みを止めることなくやってきました。多くの方はご存じないでしょうが」とクラウディオ・デル・ヴェッキオ(Claudio Del Vecchio)CEO。「ブルックス ブラザーズ」は、米国で初めて既製服の小売を行ったブランドだ。ボタンダウンシャツの他にも、1900年にはポロカラーシャツも考案した。
 
 

不許複製・禁無断転載
© 2021 FashionNetwork.com