×
By
AFP-Relaxnews
掲載日
2017/01/11
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

2018年にマルジェラの回顧展 パリ市立ガリエラ美術館で開催

By
AFP-Relaxnews
掲載日
2017/01/11

 2018年3月、マルタン・マルジェラ(Martin Margiela)の回顧展がフランスのガリエラ宮パリ市立モード美術館で開催予定だという。

AFP


  「マルタン・マルジェラは、ファッションの歴史においてクリストバル・バレンシアガ(Cristobal Balenciaga)のような位置を占める。( « クチュリエの中のクチュリエ »と称される)バレンシアガのように、マルジェラは « デザイナーの中のデザイナー »と呼べる存在だ。クリスチャン・ディオールは、バレンシアガのことを『我々すべての師』と評したが、同様に多くのデザイナーがマルジェラから影響を受けたと話し、マルジェラの服を着ている。マーク・ジェイコブス(Marc Jacobs)からアレキサンダー・マックイーン(Alexander McQueen)までが」とオリヴィエ・サイヤール(Olivier Saillard)館長はマダム・フィガロ(Madame Figaro)誌に話している。
 
 2009年春夏コレクションに登場した金髪のかつらでできたコートは、同美術館で今年の2月12日まで開催されている「Anatomie d'une Collection(コレクションの解剖学)」展の主要なアイテムでもある。

 他にも、今年は3月31日~8月27日の期間、ベルギー・アントワープのモード美術館(MoMu)で、1997年~2003年の間にマルジェラの手掛けた「エルメス(Hermès)」のコレクションが展示される予定だ。
 

Copyright © 2021 AFP-Relaxnews. All rights reserved.