×
By
AFP-Relaxnews
掲載日
2019/12/03
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

2020年度「H&Mデザインアワード 」はラトビア出身デザイナーが受賞

By
AFP-Relaxnews
掲載日
2019/12/03

 H&Mが主催するファッションコンテスト「H&Mデザインアワード(H&M Design Award)」の2020年度勝者に、ラトビア出身のSabine Skaruleが選ばれた。

 
 「信じられない気持ちです。『H&Mデザインアワード』を受賞できるなんて、自分のブランドを始めるにあたって素晴らしい機会だと思います。このアワードが扉を開き、夢を叶える自由を与えてくれたのです」と本人はコメントしている。
 
 H&MのクリエイティブアドバイザーAnn-Sofie Johanssonも、「感動を与えるエモーショナルなコレクションでした。本当に色々な要素が混ざり合って、クラフトとテクニックに溢れていた。もっと見たいと思わせるものがありました」と評した。

 Skaruleは、ラトビアの幼少期に着想を得て、伝統的なテクニックとフォークロアなパターンを取り入れたニットウェアコレクションを披露した。彼女にはブランド発展のための優勝賞金として5万ユーロ(約600万円)が授与される。
 
 過去には、リチャード・クイン(Richard Quinn)やステファン・クック(Stefan Cooke)なども同アワードを受賞した。

 

Copyright © 2021 AFP-Relaxnews. All rights reserved.