×
掲載日
2020/01/27
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

2021年、年始のファッションウィークは後ろ倒しに

掲載日
2020/01/27

 2021年1月のメンズファッションウィークシーズンは、全体的に後ろ倒しのスケジュールになりそうだ。ピッティ・イマージネ(Pitti Imagine)とイタリアファッション協会(Camera Nazionale della Moda Italiana)(以下、CNMI)は、フィレンツェの展示会「ピッティ・ウオモ(Pitti Uomo)」とミラノ メンズファッションウィークを、今年に比べて遅い日程で行うと発表した。

Gucci - AH2020 - Menswear - Milano - © PixelFormula

 
 第99回「ピッティ・ウオモ」は2021年1月12日~15日、ミラノ メンズファッションウィークは16日~19日の開催となる。今年は1月7日から「ピッティ」がスタートしたが、年末年始のホリデーシーズンから日も浅く、ヨーロッパのセール開始時期とも被ることから、出展者の間からも不満の声が上がっていた。

 「2021年のメンズ ファッションウィークの日程を後ろ倒しにすることで、ここ数シーズンの好調な流れを強化することができると考えている。フィレンツェとミラノが、世界のメンズファッションシーズンの中心に返り咲くだろう」とCNMIのカルロ・カパサ(Carlo Capasa)会長。

 その後のパリ メンズファッションウィークも数日後ろ倒しとなり、2021年は1月19日~24日に予定されている。オートクチュールは25日~28日と続く。1ヵ月後のウィメンズシーズンも必然的に少し遅めの開催で、3月1日~9日のスケジュールとなっている。
 

不許複製・禁無断転載
© 2021 FashionNetwork.com