×
36
求人
L'OREAL GROUP
Japan CRM Manager (IT)
正社員 · Tokyo
NIKE
Manager, Nddc (Nike Direct Digital to Consumer) Experience Operations - Japan
正社員 · Tokyo
NIKE
Digital Marketing Manager, Communication Platforms
正社員 · Tokyo
NIKE
Manager, Marketing Project Management - Japan
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan (Senior) Product Manager (Shu Uemura International)
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Product Manager (Luxe, Giorgio Armani Beauty)
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Product Manager (Active Cosmetics Division, la Roche-Posay)
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Data Strategy Director/Manager (Cdo)
正社員 · Tokyo
PUMA
Content Management Manager, E-Commerce
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - Nike Direct Digital Commerce (Nddc) Site Merch Specialist
正社員 · Tokyo
NIKE
Snkrs Producer
正社員 · Tokyo
BEAUTYSTREAMS
Seeking Social Media & Product Bank Interns Japan Related Content
インターン · TOKYO
BEAUTYSTREAMS
Seeking Social Media & Product Bank Interns Japan Related Content
インターン · TOKYO
L'OREAL GROUP
Japan Retail Design Group Manager (Luxe)
正社員 · Tokyo
PUMA
Controller/Specialist (fp&a)
正社員 · Tokyo
LULULEMON
Educator Factory Outlet | Gotemba Premium Outlet
正社員 · Shizuoka
LULULEMON
Educator | Add Store Name Here
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan E-Commerce Customer Care Agent
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Finance Accountant
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Consumer Market Intelligence Researcher
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Digital & Social Specialist (Cdo)
正社員 · Tokyo
L'OREAL GROUP
Japan Oms(Order Management System) Expert
正社員 · Tokyo
掲載日
2017/01/23
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

3大メンズファッションウィーク、17-18年秋冬のトレンド

掲載日
2017/01/23

 先日幕を閉じたパリ ファッションウィーク メンズ17-18年秋冬シーズンでは、「ベルルッティ(Berluti)」初のコレクションを披露したハイダー・アッカーマン(Haider Ackermann)のように、大手メゾンでデビューを飾る新アーティスティックディレクターが多く見られた。また、メンズのショーに組み込まれるウィメンズルックも増えた印象だ。

Berluti by Haider Ackermann

 
  ロンドン、ミラノ、パリと続いた世界のメンズファッションウィークを通して、10のテーマが17-18年秋冬のトレンドとして浮かび上がった。特にスポーツウェアの影響を受けて若返ったワードローブが目立ち、ランウェイを席巻したスニーカーから、スキー、スケート、自転車、トレッキングといったアクティビティにインスパイアされたトレーニングウェアもマストなアイテムに。スポーツの要素はあちこちで見られ、シャツとネクタイに取って代わる存在になった印象だ。
 
 コンフォートを最優先したスタイルには、特にざっくりと大き目のニットや、高機能素材を使用したウェアに、フライトジャケット、ダウンなどが登場。シャツ、スモーキングの時代は去り、ハイネックやスウェット素材が主役に。


1)トレーニングウェア

Facetasm, AW 2017-18 - © PixelFormula


 裏起毛、ベロア、ナイロン風サテンなど、ここ数シーズンでトレーニングウェアがメンズワードローブの定番になりつつあったが、スポーツのトレンドに追い風を受け、今やメンズファッションのマストハブにまで躍進。ライン入りのパンツや、スケーター風のフーディースウェットといったアイテムが。
 

2)ダウンコート

Dries Van Noten, AW2017-18 - © PixelFormula


  ウールのニットキャップ、マフラー、手袋に、コクーンブルゾン、XLセーターに厚めのアウターといった防寒スタイルが来冬には欠かせない。体をすっぽり覆うようなロング&オーバーサイズのトレンドは前シーズンから続くものの、今度はダウンが本格的にイン。ウィンタースポーツテイストたっぷりのものから、エレガントなものまで多彩に揃う。
 
3)メッセージ&ロゴ

Fendi, AW2017-18 - © PixelFormula


 ファッションは自己表現、を文字通り体現するトレンドが浮上している。多くのメゾンが、プリントやエンブロイダリー、アップリケ、織りなどでメッセージを洋服にあしらった。また、スポーツの世界に着想を得て、スポンサー風のロゴを載せるブランドもある。「ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)」のバッグに掛かれた「シュプリーム(Supreme)」などが好例だ。他にも、詩的に、あるいは哲学的に表現したものや、グラフィカルでカラフルなもの、そして写真プリントや大きな文字を用いた例も見られた。
 

4)スキーパンツ

Ermenegildo Zegna,AW2017-18 - © PixelFormula


  バギーを彷彿とさせるスキーパンツが、来冬のメンズワードローブに加わった。バイカーパンツやオーバーパンツに似た要素がありながらも、ジップや起毛の裏地を使用したりと、より機能性が高まっている。クラシックなジャケットをカジュアルダウンする形で取り入れられることも。ウィンタースポーツの影響はあちこちに見られ、ノルディックセーター風のジャカードモチーフに、房のついたニットキャップ、ウールの手袋、そしてファーディテールも外せない。
 
5)フラワーオンミリタリー

Moschino, AW2017-18 - © PixelFormula


  ミリタリーやカーキのツイル地の人気が続く一方で、こうしたトレンドが少しソフトに変化しつつある。カモフラージュ柄に代わって花柄を用いるスタイルも。
 
6)ティーンスピリット

Dolce & Gabbana, AW2017-18 - © PixelFormula


 メンズファッションには特にスポーツトレンドの影響が大きく、全体として非常に若返った印象だ。従来クラシックなスタイルで知られるメゾンにおいても、スポーツテイストを見てとることができる。こうしたトレンドは様々なコレクションで目につくが、ともすれば幼稚とも呼べるような思春期の精神を反映したものもあり、キャスケットや、ティーンのような着こなし、ガジェット風のアクセサリーなどが登場。
 
 
7)ブランケットマフラー

Etudes, AW2017-18 - © PixelFormula

 
 ブランケットマフラーが多くのメゾンのランウェイに登場。ここ数シーズン続くオーバーサイズトレンドの流れを汲み、ストールから手編み風やフリンジつきの大振りニットまで、床に届くほどのロング丈が多く見られた。また、マフラーが腕を覆うこともしばしば。
 
8)チェーン、メタリック

OAMC, AW2017-18 - © PixelFormula

 
 チェーンやメタリックといったディテールが、ルック全体を際立たせ、少しパンキッシュなアクセントを付け加える。クラシックなジャケットのポケットにあしらった安全ピンであったり、懐中時計をぶら提げるような大振りのチェーンをベルトにつけたりといったスタイリングや、メタリックなピンブローチ、そしてキーやドッグタグなど諸々のペンダントトップを吊るして首に巻いた細いチェーンなどのアイテムも。
 
9)オレンジ

J.W. Anderson - AW2017 - Menswear - Londres - © PixelFormula


 チョコレートブラウン、臙脂、紫、ダークグリーンといった秋冬らしいダークトーンのカラーパレットには、アクセントとなるビビッドカラーが欠かせなくなる予感の来冬。ゴールデンイエロー、チェリーレッド、バイオレットといった色がメンズワードローブに動きをもたらす。中でもビタミンオレンジの存在感は大きく、工事作業員のベストからガソリンスタンド店員のつなぎといったワークウェアを思わせるルックや、あるいは非常にポップなスタイルで登場した。
 

10)スニーカー

Lanvin, AW2017-18 - PixelFormula


 来冬、いつどんな場面でも履くべきは、スニーカーだ。ここ数年人気は衰えていないものの、今回のファッションウィークでは今までにないほどスニーカー熱が高まり、すべてのランウェイに登場していた。
 

不許複製・禁無断転載
© 2021 FashionNetwork.com