×
562
求人
keyboard_arrow_left
keyboard_arrow_right

30周年の「ピッティ・ウオモ」、特別イベントも多数

掲載日
today 2019/06/10
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

 イタリア・フィレンツェのメンズ展示会「ピッティ・ウオモ(Pitti Uomo)」第96回が6月11日~14日に開催される。「『ピッティ・ウオモ』はメンズファッションにとってのカンヌ映画祭だ」とラファエロ・ナポレオーネ(Raffaello Napoleone)代表。30周年を迎えることもあり、スペシャルイベントや大手メゾンの参加など、いつにも増して充実したプログラムが予定されている。

Pitti Immagine


 「アルマーニ(Armani)」、「ジバンシィ(Givenchy)」、「フェラガモ(Ferragamo)」、「プラダ(Prada)」、「カール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)」、「マルコ・デ・ヴィンチェンツォ(Marco de Vincenzo)」、「エムエスジーエム(MSGM)」、「ダーク・ビッケンバーグ(Dirk Bikkembergs)」からカリーヌ・ロワトフェルド(Carine Roitfeld)までビッグネームが名前を連ねているほか、アーティストのスターリングルビー(Sterling Ruby)も参加する。
 
 また、ピッティ・イマージネ・ディスカバリー財団(Pitti Immagine Discovery Foundation)とオリヴィエ・サイヤール(Olivier Saillard)による『Romanzo reve di moda maschile』展にも注目が集まる。9月29日まで開催されている同展は、1989年から現在までの「ピッティ」歴代ゲストデザイナーによるクリエーションに焦点を当てたもので、展示されるシルエット約150点はすべてフィレンツェのファッション・衣装美術館に収蔵される予定だ。これが同館初のメンズウェアコレクションとなる。

 「ピッティ・ウオモ」のメイン会場となるフォルテッツァ・ダ・バッソ(Fortezza Da Basso)には1220社のブランドが出展し、1000平米あるスペースの内装はセルジオ・コラントゥオーニ(Sergio Colantuoni)が手掛けた。出展者の45%にあたる549社が国外からで、230社が復帰・新規参加組だ。数年間不在だった「Drumohr」や、新しいプロジェクト発表のためにフィレンツェへ戻ってきた「ダーク・ビッケンバーグ」のほか、カジュアルライン「A/X アルマーニエクスチェンジ(A/X Armani Exchange)」で「アルマーニ」が「ピッティ」デビューを果たす。画家やバスケットボール選手によるパフォーマンスも4日間にわたって企画されている。そして今回初めての試みとなるのが、イタリアの百貨店グループ「コイン エクセルシオール(Coin Excelsior)」に特化したコーナーだ。
 
 「ジャーナリスト1900人、バイヤー1万9000人の来場見込んでいる。国別に見ると、ドイツ、日本、イギリス、オランダ、スペイン、トルコ、フランスからの来場者が多く、我々の主要マーケットとなっている」とナポレオーネ代表。開催前夜には、アルノー側のほとりでの花火やヴェッキオ橋でのスペクタクルなども予定しているという。さらに、「プラダ(Prada)」によるショー、パフォーマンス、記者発表が一体となったイベントも初の試みだ。

 他にも、「カール・ラガーフェルド」ブランドがゲストとして参加し、英国人アーティストEndlessを招いたパフォーマンスと共に創業者を追悼する。Endlessによる巨大なカールの肖像画は展示会場の中央に飾られる予定だ。初日の夜には「サルヴァトーレ・フェラガモ」が、ポール・アンドリュー(Paul Andrew)によるメンズウェアコレクションをランウェイ形式で披露する。シニョリーア広場で開かれるファッションショーはこれが初めてだ。

今シーズンのテーマ「The Pitti Special Click」 - Pitti Immagine


 2日目には、「マルコ・デ・ヴィンチェンツォ」のショーが行われる。午後には中国人デザイナーによる「Pronounce」が「Guest Nation China」枠でコレクションを発表。そして夜には今シーズンの目玉の一つである「ジバンシィ」のランウェイが予定されている。クレア・ワイト・ケラー(Clare Waight Keller)が就任して以来初の単独メンズショーとしても注目を集める。
 
 13日は、マッシモ・ジョルジェッティ(Massimo Giorgetti)が「エムエスジーエム(MSGM)」10周年を記念してネルソン・マンデラ・フォーラムでショーを開催するほか、スターリング・ルビーがブランド「 S.R. Studio LA. CA.」として初のアパレルコレクションを発表する。ルビーは10年以上ラフ・シモンズ(Raf Simons)と協業してきたことでも有名だ。
 
 フィレンツェのセレクトショップ「ルイザヴィアローマ(LuisaViaRoma)」90周年を記念してカリーヌ・ロワトフェルドが手掛ける大規模なランウェイショーは、アルノー川を臨むミケランジェロ広場で行われる。「プラダ」、「バーバリー(Burberry)」、「オフ-ホワイト c/o ヴァージル・アブロー(Off-White c/o Virgil Abloh)」、「シモーネ・ロシャ(Simone Rocha)」、「リチャード・クイン(Richard Quinn)」など、様々なデザイナーの2019-20年秋冬コレクションから、ロワトフェルドがセレクトしてスタイリングした90ルックが登場する予定で、ランウェイの後にはレニー・クラヴィッツによるコンサートも。
 
 

不許複製・禁無断転載
© 2019 FashionNetwork.com